2018年714日開幕の神奈川県大会を皮切りに、1118日までに全出場校が出揃い、組み合わせ抽選会は、1119日に東京都港区汐留の日テレホールにて行われた。 2018年1230日:開会式、開幕戦(於・駒沢) 1231日:1回戦 2019年12日:2回戦 13日:3回戦 15日:準々決勝 112日:準決勝(於・埼玉ス)
42キロバイト (742 語) - 2019年5月19日 (日) 06:46



(出典 i.ytimg.com)


上田が成長した頃に染野は海外かな!?

1 Egg ★ :2019/06/26(水) 05:59:32.06

尚志高(福島)サッカー部のU―18日本代表FW染野唯月(いつき、3年)がJ1鹿島入りを決断したことが25日、分かった。鹿島、浦和、F東京など複数クラブが来季の新戦力として獲得に乗り出していた。関係者によると、世代屈指の点取り屋は、鹿島の下部組織に所属した“古巣愛”から、出身地の茨城でのプレーを決めたという。

 昨年度の全国高校サッカー選手権大会で2年生ながら得点王(5得点)に輝き、C大阪に加入内定のFW西川潤(17)=神奈川・桐光学園=と並んで高校NO1ストライカーの呼び声が高い。精度の高いポストプレーや裏への抜け出しに加え、高い決定力を備えている万能型FW。複数あったオファーから鹿島、浦和、F東京の3クラブに絞り、練習参加していた。

 鹿島は、柳沢敦(富山・富山第一出身)、興梠慎三(宮崎・鵬翔出身)、大迫勇也(鹿児島・鹿児島城西出身)ら、伝統的に高卒入団FWが日本代表入りするなど大成している。21年シーズンからは、南米選手権で唯一の大学生としてプレーした日本代表FW上田綺世(あやせ、20)=法大=の加入も内定している。染野は切磋琢磨(せっさたくま)しながら、日本を代表するストライカーを目指す。

 ◆染野 唯月(そめの・いつき)2001年9月12日、茨城・龍ヶ崎市生まれ。17歳。ポジションはFW。中学時は鹿島アントラーズつくばジュニアユースでプレー。尚志では1年時に国体代表。2年時の全国高校サッカー選手権で5点を挙げて得点王。U―17、18日本代表。179センチ、67キロ。

6/26(水) 5:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000182-sph-socc


【【高校選手権得点王!】U18日本代表の染野唯月 鹿島アントラーズに加入!?】の続きを読む