小野伸二が語るチャンピオンズリーグ…最も印象的なのは「スター集団との対戦」 - SOCCER KING
チャンピオンズリーグにおける日本人選手歴代6位の出場記録を持つ、現役JリーガーのMF小野伸二。2001-02シーズンに移籍したオランダのフェイエノールトで1年目に4試合、2年目には5試合に出場し、世界最高峰の舞台を肌で感じた。そんな彼に、チャンピオンズリーグの魅力や思い出、過去の決勝について聞いた。 ――出場経験のある小野選手が思う、チャンピオンズリーグの魅力を教えてください。 ワールドカップと同じように国(リーグ)のプライドを懸けた戦いでもあるので、本当にレベルが高いです。一方で、各国を代表するスーパースターが同じチームや敵チームの選手としてピッチ上にたくさんいる。そこはワールドカップでは見られない、チャンピオンズリーグならではの魅力だと思いますね。 ――そんなチャンピオンズリーグの舞台に初めて立った時のことは覚えていますか? 当時はヨーロッパに渡ったばかりで常に気持ちが高揚していたので、初めて出場した1年目は特別な思いというのはなかったんです。2年目はチャンピオンズリーグの凄さも実感していたので、特別な感情を抱く大会になりました。 CLデビューは01-02シーズンのバイエルン戦だった [写真]=Getty Images ――特に印象に残っている試合はありますか? 2002-03シーズンに1-1で引き分けたホームのユヴェントス戦ですね。ユーヴェはデル・ピエロやブッフォン、ネ...
(出典:SOCCER KING)


小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日 - )は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。元日本代表。 FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝、日韓ワールドカップGL1位通過、UEF
39キロバイト (4,333 語) - 2019年5月24日 (金) 13:07



(出典 www.golaco.club)


リスペクト

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/31(金) 14:48:24.82

2015年3月に発売したNumber874号の取材で、ラモス瑠偉さんがこう言っていた。

「日本で天才がいるとしたら、僕は一人だけだと思う。小野伸二。もし怪我してなかったら、化け物みたいな選手になっていたよ」

サッカーにおいて「天才」の定義は難しい。シンプルに言えば「サッカーがとてつもなくうまい選手」ということになるだろうが、「うまい」の種類もさまざま。
華麗なドリブルで相手DFを何人も抜いてしまう人、正確無比なキックで味方の足元にぴたりとパスを届ける人、
抜群の嗅覚でゴールネットを揺らす人、などなど。それぞれのサッカー観によって、「うまい」のイメージは違ってくるだろう。

では、ラモス公認の「天才」小野伸二はどう考えるか。5月、北海道コンサドーレ札幌のクラブハウスで、本人に聞いてみた。

サッカーがうまい人って、どんな選手だと思いますか? 

天才は、いつもの柔らかな笑顔とともにこう語り始めた。

「うまい選手って、会った瞬間にわかるんですよ。まずオーラがある。相手が小さい子でもそう。すれ違ったときに『あれっ? 』って。
顔つきが違うし、雰囲気がめちゃめちゃ出ているんですよ。わかる人にはわかるかもしれないですけど……」

1歳上の「本当に神様」だった選手。

ほぉー。と、相槌は打ったものの、凡人にはやっぱりわからない。ならば、小野のキャリアの中で出会った「うまい」と思った選手は? 
小野がまず挙げたのは同郷の先輩、名古屋グランパスエイトや清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府で活躍したドリブラーだ。


「山崎光太郎さん。1歳上で、もともと名前は知っていたんですけど、中学2年のときに地域選抜のセレクションで初めて見て、“この人、すげぇな”って。
プレーも、雰囲気も、1人だけ別次元で。身長は165cmくらいですけど、技術が高くて、FWとして動き出しがすごくいい。
僕のタイミングを理解してくれるから、めちゃめちゃパスが出しやすかったですね。タカ(高原直泰)は光太郎さんと同じ清水東高出身だから、きっと僕と同じことを言うと思います。
僕らの高校時代、光太郎さんは本当に神様でしたから」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00839516-number-socc
5/31(金) 12:51配信


【【語る】小野伸二 山崎光太郎と中村俊輔は神!】の続きを読む