捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 長谷部誠


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    55キロバイト (6,135 語) - 2019年9月24日 (火) 16:27



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    代表戦前なのに..

    1 Egg ★ :2019/09/29(日) 01:14:20.65

    フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠はウニオン・ベルリン戦の終了間際に味方と交錯し、失神を起こした。アディ・ヒュッター監督は試合後、「様子を見なければいけない」と心配している様子だ。

    現地時間27日に行われたブンデスリーガ第6節でウニオン・ベルリンと対戦したフランクフルト。前節に続いてキャプテンマークを巻いた長谷部は、このアウェーマッチに鎌田大地らとともにスタメンに名を連ねて、2-1の勝利に貢献した。

    しかし、この一戦のアディショナルタイム5分、GKケヴィン・トラップが相手のハイボールを対応する際に長谷部と衝突。頭部に打撃を受けたリベロが倒れ込んでいる状況で、試合は終了のホイッスルを迎えた。

    ヒュッター監督は試合後、その場面で長谷部は一時的に失神を起こしたことを示唆。「今は少し良くなっている。これからの数日間、どんな様子か見なければいけない」とキャプテンの状態を心配するとともに、「ケヴィン・トラップは肩から落ち、彼も痛みを感じた。まだ詳細は知らされていない」と接触の状況も説明している。

    フランクフルトは10月3日に行われるヨーロッパリーグ第2節でポルトガルのギマランイシュと対戦。それまでにチームの守備を支える2人は回復を果たせるのだろうか。

    9/28(土) 22:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00010028-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】長谷部誠 代表戦前に失神..】の続きを読む


    長谷部誠が言う「日本人のブームは過ぎた」。もう日本人選手はドイツ移籍できないのか? - フットボールチャンネル
    かつて、日本人選手の欧州挑戦の場として隆盛を誇ったドイツ・ブンデスリーガ。しかし、今夏の移籍市場でドイツへ渡った選手はゼロ。一部ではブンデスクラブは日本市場に ...
    (出典:フットボールチャンネル)


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    55キロバイト (6,135 語) - 2019年8月2日 (金) 01:13



    (出典 diamond.jp)


    謎の上から目線..

    1 風吹けば名無し :2019/08/05(月) 15:00:30.98

    長谷部誠「これからは実力がある選手が残っていくと思うし、そういう選手が出ないと(ブンデスに)来ることはできないと思うし。その辺はそういうブーム、日本人のブームは過ぎたと思いますね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190805-00010001-footballc-socc


    【【解説】長谷部誠 厳しさを実感!?】の続きを読む


    「日本を大絶賛してくれた」長谷部誠がフランクフルトの俊英FWを東京でおもてなし - サッカーダイジェストWeb
    アイントラハト・フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が自身のインスタグラムを更新。東京都内でとある人物と再会を果たし、和食に舌鼓を打つ様子を投稿した。 そのお ...
    (出典:サッカーダイジェストWeb)


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    55キロバイト (6,125 語) - 2019年6月8日 (土) 15:45



    (出典 upload.wikimedia.org)


    凛々しい!

    1 Egg ★ :2019/06/17(月) 07:48:24.69

     アイントラハト・フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が自身のインスタグラムを更新。東京都内でとある人物と再会を果たし、和食に舌鼓を打つ様子を投稿した。

    【画像】長谷部誠がフランクフルトの“弟分”と東京で再会! 和食に舌鼓を打つ2ショット写真はこちら!


     そのお相手は、フランクフルトの元U-21フランス代表FWセバスティアン・アレ。オフを利用して来日している24歳は、兄のように慕う9つ年上のベテランを訪問。長谷部は、アレが明かした日本への率直な感想に感動さえ覚えたようだ。日本食レストランのカウンターで撮影された2ショット写真を公開し、以下の文章を添えている。

    Nice to see you in Japan(日本で会えて嬉しいよ)
    #japan
    #tokyo
    #チームメイトが
    #日本旅行に
    #日本を大絶賛
    #清潔さ
    #規律
    #サービス
    #日本人の親切さ
    #日本人として凄く嬉しい気持ち
    #arigato

     この投稿を受けてアレ自身は、「Arigato boss!(ありがとうボス!)」とのメッセージを寄せ、インスタグラム「ストーリー」で長谷部との別角度の2ショットを掲載。「With the Japanese president!(日本の大統領とともに!)」と記し、敬愛ぶりを示した。

     2018-19シーズン、守備の要としてフル稼働した長谷部に対し、アレは前線の基準点としてブンデスリーガ、ヨーロッパリーグでの躍進に貢献。公式戦40試合で20得点を叩き出した上昇株で、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』によれば、いまやその推定市場価格は4000万ユーロ(約52億円)に達する。

     遠く日本で来季のさらなる躍進を誓い合ったふたり。すっかり親日家となった様子の「アレ」のハイパフォーマンスに期待だ。

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    6/17(月) 5:08配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00010001-sdigestw-socc

    (出典 scontent-sin2-2.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-sin2-2.cdninstagram.com
    写真


    【【朗報】長谷部誠 フランクフルトの“弟分”と東京で再会!】の続きを読む


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    55キロバイト (6,116 語) - 2019年6月4日 (火) 14:38



    (出典 www.football-zone.net)


    日本人で一番すごいかも!?

    1 久太郎 ★ :2019/06/05(水) 12:18:07.45

    納得の選考に
    ドイツのプロサッカー選手協会(VDV)が投票で今シーズンのブンデスリーガベストイレブンを決定した。

    バイエルン・ミュンヘンの7連覇で幕を閉じた2018-19シーズンのブンデスリーガ。しかし、今季はドルトムントの躍進が際立ち、シーズン最優秀選手は、得票率31.4%を獲得したマルコ・ロイスに。2位には、先日レアル・マドリーへの移籍が発表されたルカ・ヨヴィッチ(20.9%)が続き、3位はレヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツ(12.4%)となった。

    そして、ベストイレブンにはフランクフルトの長谷部誠の名前が。ドイツ誌『キッカー』のベストイレブンに続き、またも栄誉を授かることとなった。優勝のバイエルン・ミュンヘンからロベルト・レヴァンドフスキら3名、2位のドルトムントからも3名の選出となっている。

    なお、シーズン最優秀監督はフランクフルトのアディ・ヒュッター。ニューカマーにはドルトムントのジェイドン・サンチョが選ばれている。

    ベストイレブン全メンバーは以下の通り。

    GK
    ペトル・グラーチ(RBライプツィヒ)
    DF
    ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
    長谷部誠(フランクフルト)
    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    MF
    アクセル・ヴィツェル(ドルトムント)
    マルコ・ロイス(ドルトムント)
    ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
    カイ・ハヴェルツ(レヴァークーゼン)
    FW
    ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
    ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
    監督
    アディ・ヒュッター(フランクフルト)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00010008-goal-socc


    【【朗報】長谷部誠 ドイツ誌『キッカー』のベストイレブンに続き..】の続きを読む


    長友よりも堂安よりも……35歳の長谷部誠が欧州で一番活躍できた理由 - 文春オンライン
    ロシアW杯から約1年が経ち、主要欧州サッカーリーグの18/19シーズンが終わろうとしている。メインイベントであるヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグの決勝も終わり、 ...
    (出典:文春オンライン)


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    54キロバイト (5,881 語) - 2019年6月2日 (日) 11:07



    (出典 friendonation.jp)


    これは信じる!

    1 Egg ★ :2019/06/02(日) 14:34:21.17

    ロシアW杯から約1年が経ち、主要欧州サッカーリーグの18/19シーズンが終わろうとしている。メインイベントであるヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグの決勝も終わり、欧州でも主要どころの選手たちは代表モードやその前のつかの間の休暇に入り、メディアでは移籍の噂が絶え間なく飛び交う時期がやってきている。

     18/19シーズン、欧州では苦戦する日本人選手が多かった。岡崎慎司はポジションを掴みきれず、香川真司は移籍してもスタメンを掴みきれず、長友佑都も負傷で安定して出場を続けることはできなかった。W杯で日本代表を救った大迫勇也も負傷に見舞われたし、乾貴士は新天地となるはずだったスペイン・ベティスでチャンスをつかめず、この冬にアラベスに移った。W杯1ゴールの原口元気もドイツ・ハノーファーでの活躍を誓い背番号10を背負ったが、チームは二部に降格した。

     そんな中、ひとり気を吐いたのが長谷部誠だった。W杯敗退と同時に代表引退を発表、昨夏ブンデスリーガが開幕した頃は「モチベーションの問題」(本人談)でスタメンから外れていたが、一旦やる気を取り戻すと、チームの中心に返り咲いた。リーグ戦では全34試合中28試合にフル出場。UEFAヨーロッパリーグ(EL)では準決勝進出の文字通りの原動力になった。しかも、ドイツでもっともメジャーなスポーツ誌が選ぶシーズンベストイレブンにも選出された。日本からの投票が影響するウェブでの選出などとは違う、れっきとした現地の評価だ。

    酒井よりも堂安よりも、なぜか長谷部

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    フランス・マルセイユの酒井宏樹もリーグ戦では26試合先発と安定した出場を続けたが、ELでの活躍も鑑みると長谷部に軍配が上がる。オランダ・フローニンゲンの堂安律も全34試合中30試合出場、28試合でほぼフル出場したが、オランダリーグとドイツリーグではレベルやメンバー争いの厳しさに差があるのは否めない。

     つまり18/19シーズンで一番活躍したのは、日本代表引退した長谷部誠だったのだ。おっさんジャパンと平均年齢の高さを揶揄されたロシアW杯メンバーの中でも2番目におっさんだった長谷部が、並み居る若手を物ともせず、欧州組日本人選手の中で一番活躍したのだ。しかも、ここ数年の長谷部と比べても成長が見られるのは本当に、ハンパないの一言だ。

    6/2(日) 11:45配信 週刊文春
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00012145-bunshun-spo


    【【解説】長谷部誠 長友佑都や堂安律よりも欧州で一番活躍できた理由とは!?】の続きを読む

    このページのトップヘ