捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: その他


    G大阪パトリック、募る日本代表への思い 森保ジャパンの“秘密兵器”へ「諦めていない」(Football ZONE web) - Yahoo!ニュース
    今夏、サンフレッチェ広島からガンバ大阪へブラジル人FWパトリックが期限付き移籍で復帰した。復帰戦となった2日の第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)では即ゴール。1-0の ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    ガンバ大阪ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟し
    181キロバイト (17,194 語) - 2019年8月7日 (水) 06:37



    (出典 i.ytimg.com)


    今の時代ハーフたくさんおるからな・・・

    1 Egg ★ :2019/08/07(水) 08:58:26.39

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


     今夏、サンフレッチェ広島からガンバ大阪へブラジル人FWパトリックが期限付き移籍で復帰した。復帰戦となった2日の第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)では即ゴール。1-0の後半8分、“相棒”の日本代表FW宇佐美貴史が起点となり、MF倉田秋がつないで、最後にパトリックがDFをかわして冷静にゴールネットを揺らした。古巣で魅せた変わらぬ存在感。Jリーグでゴールを生む先にある「日本代表への夢」についてパトリックが語った。

     パトリックは2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレ期限付き移籍し、初来日。ヴァンフォーレ甲府を経て、ブラジルへ1度戻り、2014年夏にG大阪へ加入した。パトリックが加入後、降格圏の16位に低迷していたチームは、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で9点をマークし、宇佐美との名コンビで三冠へと導いた。

     16年10月には、右前十字靭帯損傷及び右外側半月板損傷により全治8カ月の大怪我を負い、母国で手術を受けた。クラブは功労者に対して、同年限りだった期限付き移籍の契約期間を17年夏までに延長。17年6月に退団し、広島へ渡った。18年には33試合20得点で得点ランク2位と活躍し、今夏再び古巣のG大阪へ戻ってきた。

     長年Jリーグで活躍しているパトリックだが、「日本が大好き」と公言している。16年1月には母国メディアに「日本国籍取得を検討している」と明かし、日本代表入りを目指し始めた。国籍取得には小学校2、3年生程度の日本語の読み書き能力が必要で、現在も語学習得のため1日朝晩2回、1時間ほど勉強しているという。

    「平仮名、カタカナはほとんど読めますし、書けるものも増えて、日本人のみんなとも平仮名カタカナでメールしたりしますし、分からないことが出たら翻訳機能使ったりしながら打って、すごく頑張っています」

    8/7(水) 6:20 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190807-00209032-soccermzw-socc


    【【解説】ガンバ大阪FWパトリック 年齢的に厳しくも日本代表諦めない!】の続きを読む


    稲本潤一が衝撃を受けた、天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿 - Sportiva
    世界2位の快挙から20年……今だから語る「黄金世代」の実態第14回:稲本潤一(2) 1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦 ...
    (出典:Sportiva)


    稲本 潤一(いなもと じゅんいち、1979年9月18日 - )は、鹿児島県姶良郡湧水町生まれ、大阪府堺市育ちのプロサッカー選手。Jリーグ・SC相模原所属。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。 2002年、2006年、2010年と3大会連続でFIFAワールドカップに出場し、2
    28キロバイト (2,322 語) - 2019年6月15日 (土) 18:09



    (出典 image.jimcdn.com)


    中田と小野って仲悪かったってホント!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/06(火) 12:46:45.19

    世界2位の快挙から20年......今だから語る「黄金世代」の実態第14回:稲本潤一(2)

    1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦することになった。

    U-20日本代表はチームに勢いがあり、選手もここまでの試合を勝ち抜いてきたことで、自信を持っていた。
    唯一の不安要素は、キャプテンの小野伸二が準決勝のウルグアイ戦でイエローカードをもらい、累積警告によって出場停止になったことだった。

    「伸二がいないのは、めっちゃデカかった」

    稲本潤一は、厳しい表情でそう言った。

    このチームは"小野のチーム"と言っても過言ではなかった。

    小野は前年、18歳で日本代表に選出され、1998年フランスW杯にも出場した。技術の高さはピカイチで、人間性も優れ、リーダーシップもあった。
    U-20日本代表は血気盛んな個性的な選手ばかりだったが、小野がいたからこそ、ひとつにまとまっていた。

    稲本も、中学校時代から世代別代表で小野と一緒にプレーし、その存在の大きさを理解していた。

    「(小野は)もう中学校の時から違っていた。ヤット(遠藤保仁)とか(中村)憲剛や(中村)俊輔さんらもすごいけど、彼らは努力してすごい選手になった。
    もちろん、伸二も努力しているけど、最初に持っているセンスみたいなものがデカすぎたんよ。

    その持っているモノは(努力して)作ろうと思っても作れるもんじゃないし、教えてもらっても得られるもんじゃない。
    伸二って、メッシをどうやって作るのか、というレベルと同じ。そのくらいスーパーなんです」

    稲本は、北海道コンサドーレ札幌時代にも一緒にプレーしたが、その際、あらためて小野のすごさを感じることがあったという。

    「伸二に追いつこうと思っても、無理なんでね。まあ、1999年に(シドニー五輪アジア1次予選で)ケガをしてからは、自分の考えと体の動きがついていっていない感じやったし、
    そこからケガも増えたけど、コンサ(札幌)で一緒にやって思ったことは、『伸二はやっぱり一番うまい』。
    両足でスルーパスを出せる選手って、なかなかいないですよ。
    今のサッカーでは、伸二のようなタイプを作り出すのは無理やと思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00867480-sportiva-socc
    8/6(火) 6:17配信


    【【朗報】稲本潤一 小野伸二と中田英寿が原点!?】の続きを読む


    久保建英が「元バルサ」に悩んだ日々乗り越えレアルへ - その壁を超えてゆけ~アスリートはいかに課題解決したのか - スポーツコラム - 日刊スポーツ
    白い巨人”と呼ばれる世界一のビッグクラブ、レアル・マドリード(スペイン)。その一員となったサッカー日本代表MF久保建英(18)は、今や世界がその未来を注視す…
    (出典:日刊スポーツ)


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,039 語) - 2019年7月6日 (土) 05:11



    (出典 img.cinematoday.jp)


    意外!

    【【朗報】久保建英 石原さとみの心を鷲掴み!?】の続きを読む


    サッカー日本代表、南米選手権から帰国 森保監督「…(写真=共同) - 日本経済新聞
    サッカーの南米選手権で1次リーグ敗退に終わった日本代表が27日、開催国のブラジルから成田空港に帰国した。到着後に取材に応じた森保監督は2分け1敗で準々決勝 ...
    (出典:日本経済新聞)


    サッカー日本代表」、そのさらに前年には「U-21サッカー日本代表」と呼称が変わる。 1988年大会まではサッカー日本代表#オリンピックの成績を参照。 1994年大会まではサッカー日本代表#アジア競技大会の成績を参照。 ※1998年大会は、大会規定上はフル代表が出場可能であったものの、日本はU-21の選手で参加した。
    36キロバイト (736 語) - 2019年2月2日 (土) 15:17



    (出典 www.soccer-king.jp)


    合ってる!?

    1 Egg ★ :2019/06/29(土) 01:36:24.60

    “不動”が唯一見当たらないGK、権田とシュミットが熾烈な争い

    昨夏のロシア・ワールドカップ後、森保一監督が就任した日本代表は、初陣となった昨年9月のコスタリカ戦から直近のエクアドル戦まで19試合を戦ってきた。
    多くの選手を起用し、試行錯誤しながらチーム作りを進めているなか、各ポジション内での最新パワーバランスはどのような状況になっているのか。
    直近のコパ・アメリカ(南米選手権)に参戦したメンバーも含めて、招集全68人をポジション別に分け、5段階評価(不動/スタメンクラス/バックアッパー/成長株/未来枠)で見ていく。

    まずは森保ジャパンの初陣から直近の試合までを振り返る。ここまで国際親善試合やアジアカップ、コパ・アメリカを含めて19試合を戦い、12勝4分3敗、33得点18失点の結果を残す。
    敗れた相手はカタール(1-3)、コロンビア(0-1)、チリ(0-4)のみ。昨年9月の初戦からアジアカップ準決勝まで11試合負けなしと記録したが、以降は負けが込んでいる。

    【森保ジャパンの全成績】

    18/09/07  ―― チリ(※北海道胆振東部地震の影響で中止)
    18/09/11 ○3-0 コスタリカ(国際親善試合)
    18/10/12 ○3-0 パナマ(国際親善試合)
    18/10/16 ○4-3 ウルグアイ(国際親善試合)
    18/11/16 △1-1 ベネズエラ(国際親善試合)
    18/11/20 ○4-0 キルギス(国際親善試合)
    19/01/09 ○3-2 トルクメニスタン(アジアカップ GL1)
    19/01/13 ○1-0 オマーン(アジアカップ GL2)
    19/01/17 ○2-1 ウズベキスタン(アジアカップ GL3)
    19/01/21 ○1-0 サウジアラビア(アジアカップ 16強)
    19/01/24 ○1-0 ベトナム(アジアカップ 準々決勝)
    19/01/28 ○3-0 イラン(アジアカップ 準決勝)
    19/02/01 ●1-3 カタール(アジアカップ 決勝)
    19/03/22 ●0-1 コロンビア(国際親善試合)
    19/03/26 ○1-0 ボリビア(国際親善試合)
    19/06/05 △0-0 トリニダード・トバゴ(国際親善試合)
    19/06/09 ○2-0 エルサルバドル(国際親善試合)
    19/06/17 ●0-4 チリ(コパ・アメリカ GL1)
    19/06/20 △2-2 ウルグアイ(コパ・アメリカ GL2)
    19/06/24 △1-1 エクアドル(コパ・アメリカ GL3)
    ※GL=グループリーグ

    【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
    ◎=不動
    ○=スタメンクラス
    △=バックアッパー
    ☆=成長株
    ◇=未来枠

    ■GK
    〇 権田修一(ポルティモネンセ)
    〇 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
    △ 東口順昭(ガンバ大阪)
    △ 川島永嗣(ストラスブール)
    △ 中村航輔(柏レイソル)
    ☆ 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
    ◇ 小島亨介(大分トリニータ)

    不動と言える存在が唯一見当たらないポジションだ。当初は東口も定位置争いに加わっていたが、現在は権田とシュミットが熾烈な争いを繰り広げている形だ。
    コパ・アメリカに参戦した川島も再び名乗りを挙げているなか、台頭が期待された中村がやや足踏み状態。コパ・アメリカで代表デビューを飾った大迫は今後の成長に期待だ。

    6/28(金) 20:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00200232-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【サッカー日本代表 招集全68人を5段階評価してみた結果..】の続きを読む


    西野 (にしの あきら、1955年4月7日 - )は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代の主なポジションはミッドフィールダー(MF)。前日本代表監督で、2018 FIFAワールドカップでは日本代表を率いた。 J1リーグの監督として通算勝利数270は歴代1位である。
    31キロバイト (2,763 語) - 2019年6月27日 (木) 00:26



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    西野なら面白いサッカーにできる!

    1 風吹けば名無し :2019/06/29(土) 04:03:26.35

    前日本代表監督の西野朗氏(64)がタイ代表の新監督に就任する見通しとなったと、28日にサイアムスポーツなど地元メディアが一斉に報じた。
    既にタイ入りしており、近く正式契約する見通しで、29日には現地でリーグ戦を視察する予定という。

    タイ協会は1月のアジア杯期間中にセルビア人のラエバツ監督を解任。監督代行を務めていたシリサク氏が今月で退任し、
    9月開幕の2022年W杯カタール大会アジア2次予選に向けて後任の選定を進めていた。

    W杯アジア2次予選の組み合わせ抽選は7月17日に行われ、第1シードの日本は第3シードのタイと同組となる可能性がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000206-spnannex-socc


    【【驚愕】元サッカー日本代表監督西野朗 タイ代表に就任!】の続きを読む

    このページのトップヘ