捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: その他


    セルジオ越後セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元プロサッカー選手。現在は、サッカー評論家・指導者。偉そうに語ることで有名。日系ブラジル人(二世)。現役時代のポジションは右ウイング。 株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役
    17キロバイト (1,958 語) - 2019年10月5日 (土) 06:29



    (出典 fre-spo.net)


    鈴木優磨が一番大迫に似てる!

    1 Egg ★ :2019/10/09(水) 12:44:17.10

    世間はラグビーW杯一色。実際、どの試合も面白いけど、サッカーも忘れないでほしいね。

    日本代表がカタールW杯のアジア2次予選、モンゴル(10日)、タジキスタン(15日)との2連戦に臨む。初戦のミャンマー戦は危なげなく勝ったものの(2-0)、相手のレベルを考えれば、もっと得点を取ってほしかった。特に後半は物足りないデキだった。

    今回の2連戦は勝つのはもちろん、大量得点を奪って、FIFA(国際サッカー連盟)やAFC(アジアサッカー連盟)にアジア2次予選などやる必要はない、とアピールをしてほしいね。

    注目はやはり攻撃陣。特に故障で不在の大迫に代わるワントップだ。まあ、これは今回に限った話ではないけど、層が薄くて大迫頼みになっている最前線にどんな選手が出てくるのか。来年の東京五輪、さらにカタールW杯を考えれば、そろそろ新しいFWに出てきてもらわないと困る。

    今は抜けた存在である大迫にしても、所属のブレーメンではワントップを務めているわけではない。数字的にもかつての高原のほうが上だった。もちろん、大迫はいい選手だけど、日本代表のレベルアップのためにはライバルの存在や競争は絶対に必要。今回はゆっくり休んでもらうとして、ほかの選手のアピールに期待したい。

    ちなみに、なぜ日本はストライカーがなかなか育たないのかとよく聞かれるけど、それは世界共通の悩み。仕方がない面はある。

    ただ、ひとつ言えるとすれば、指導者ライセンスの導入によって、指導者の教え方が均質化し、似たようなタイプの選手ばかり育っているというのはあると思う。昔に比べれば、足元の技術など平均のレベルは劇的に上がった。

    そのこと自体は悪いことではなくて、特に日本は2列目の人材が充実している。でも、その一方で"怪物"と呼ばれるような、個性的な特徴を持った選手は出にくくなった。

    ストリートサッカーをやる子供が少なくなっているブラジルでも、フィジカル重視の流れがあり、個性的なスーパースターが出にくくなっているんだけど、それと同じような構図なんじゃないかな。

    さて、ワントップの人材不足は、五輪代表(U-22代表)にも共通する課題だけど、五輪代表の場合はもっと根本的な問題を抱えている。それは五輪本番まで1年を切っているのに、A代表と兼任の森保監督が、これまでほとんどチームの指揮を執れていないことだ。

    船長がいなければ船は揺れる。今月のブラジル遠征(6~16日)も、森保監督はA代表のW杯2次予選があるため、来月の親善試合(U-22コロンビア代表戦)から指揮を執るという。

    この問題に関しては森保監督に責任はなくて、兼任でも大丈夫だろうと考えた日本サッカー協会の見込みの甘さが原因。

    五輪本番までの期間を考えれば、今後はW杯2次予選、さらには12月のE-1東アジア選手権(韓国)など、A代表の公式戦も五輪代表の強化に最大限活用すべきだろう。そして、当面の最大の目標となるのが、来年1月開幕の東京五輪予選を兼ねたU-23アジア選手権(タイ)だ。

    日本はすでに開催国として五輪出場権を持っているけど、アジアで負けるようなら本番でのメダル獲得なんて夢のまた夢。万全の準備をして臨んでほしい。

    10/9(水) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-01098910-playboyz-socc


    【【解説】セルジオ越後 日本代表のFWに苦言..】の続きを読む


    サッカー日本代表」、そのさらに前年には「U-21サッカー日本代表」と呼称が変わる。 1988年大会まではサッカー日本代表#オリンピックの成績を参照。 1994年大会まではサッカー日本代表#アジア競技大会の成績を参照。 ※1998年大会は、大会規定上はフル代表が出場可能であったものの、日本はU-21の選手で参加した。
    37キロバイト (736 語) - 2019年8月30日 (金) 15:25



    (出典 www.football-zone.net)


    FWが怪しい..

    1 豆次郎 ★ :2019/10/08(火) 17:56:17.70

    10/8(火) 17:38配信
    中島10番、久保17番変わらず! 大迫不在の15番は…日本代表の選手背番号が決定

     日本サッカー協会(JFA)は8日、カタールW杯アジア2次予選のモンゴル戦(10日、埼玉)、タジキスタン戦(15日、ドゥシャンベ)に臨む日本代表の選手背番号を発表した。

     9月シリーズに参加していた選手の背番号は変わらず、MF中島翔哉(ポルト)が10番を背負い、MF久保建英(マジョルカ)は17番。新たに入ったFW浅野拓磨(パルチザン)がFW大迫勇也(ブレーメン)の15番を着け、FW鎌田大地(フランクフルト)は初招集された今年3月に続いて18番に決まった。

    ▽GK
    1 川島永嗣(ストラスブール)
    12 権田修一(ポルティモネンセ)
    23 シュミット・ダニエル(シントトロイデン)

    ▽DF
    5 長友佑都(ガラタサライ)
    22 吉田麻也(サウサンプトン)
    19 酒井宏樹(マルセイユ)
    2 植田直通(セルクル・ブルージュ)
    3 安西幸輝(ポルティモネンセ)
    4 畠中槙之輔(横浜FM)
    16 冨安健洋(ボローニャ)

    ▽MF
    8 原口元気(ハノーファー)
    7 柴崎岳(デポルティボ)
    6 遠藤航(シュツットガルト)
    14 伊東純也(ゲンク)
    13 橋本拳人(FC東京)
    10 中島翔哉(ポルト)
    9 南野拓実(ザルツブルク)
    20 板倉滉(フローニンゲン)
    21 堂安律(PSV)
    17 久保建英(マジョルカ)

    ▽FW
    11 永井謙佑(FC東京)
    15 浅野拓磨(パルチザン)
    18 鎌田大地(フランクフルト)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-43472563-gekisaka-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【カタールW杯アジア2次予選のモンゴル戦】日本代表の選手背番号を発表!】の続きを読む


    川口 能活(かわぐち よしかつ、1975年8月15日 - )は、静岡県富士市出身の元プロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)。 日本代表としてFIFAコンフェデレーションズカップ2001ベストイレブン、AFCアジアカップ2004ベストイレブンなどの受賞歴を持つ。国際Aマッチ出場数は日本代
    65キロバイト (7,290 語) - 2019年8月24日 (土) 03:37



    (出典 www.soccer-king.jp)


    川口は解説よりも現場が合うと思う

    1 豆次郎 ★ :2019/08/24(土) 00:08:48.48

    8/23(金) 23:51配信
    共同通信

     サッカー日本代表の森保一監督は23日、元日本代表GKでナショナルトレセンのGKコーチを務める川口能活氏が、東京五輪で男子の中核世代となるU―22(22歳以下)代表の指導に携わることを明らかにした。9月の北米遠征にも同行する。

     J1の鹿島―G大阪(カシマ)を川口氏とともに視察後、森保監督は「東京五輪チームの手伝いをしてもらう。彼の持っている経験を生かし、A代表と(五輪代表の)活動が重なるときなどにサポートしてもらえれば」と話した。

     昨季限りで現役を退いた川口氏は4度のワールドカップ(W杯)でメンバー入りし、1996年アトランタ五輪にも出場した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000230-kyodonews-socc


    【【解説】サッカー日本代表 オリンピック指導代表が決まる!】の続きを読む


    G大阪パトリック、募る日本代表への思い 森保ジャパンの“秘密兵器”へ「諦めていない」(Football ZONE web) - Yahoo!ニュース
    今夏、サンフレッチェ広島からガンバ大阪へブラジル人FWパトリックが期限付き移籍で復帰した。復帰戦となった2日の第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)では即ゴール。1-0の ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    ガンバ大阪ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟し
    181キロバイト (17,194 語) - 2019年8月7日 (水) 06:37



    (出典 i.ytimg.com)


    今の時代ハーフたくさんおるからな・・・

    1 Egg ★ :2019/08/07(水) 08:58:26.39

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


     今夏、サンフレッチェ広島からガンバ大阪へブラジル人FWパトリックが期限付き移籍で復帰した。復帰戦となった2日の第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)では即ゴール。1-0の後半8分、“相棒”の日本代表FW宇佐美貴史が起点となり、MF倉田秋がつないで、最後にパトリックがDFをかわして冷静にゴールネットを揺らした。古巣で魅せた変わらぬ存在感。Jリーグでゴールを生む先にある「日本代表への夢」についてパトリックが語った。

     パトリックは2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレ期限付き移籍し、初来日。ヴァンフォーレ甲府を経て、ブラジルへ1度戻り、2014年夏にG大阪へ加入した。パトリックが加入後、降格圏の16位に低迷していたチームは、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で9点をマークし、宇佐美との名コンビで三冠へと導いた。

     16年10月には、右前十字靭帯損傷及び右外側半月板損傷により全治8カ月の大怪我を負い、母国で手術を受けた。クラブは功労者に対して、同年限りだった期限付き移籍の契約期間を17年夏までに延長。17年6月に退団し、広島へ渡った。18年には33試合20得点で得点ランク2位と活躍し、今夏再び古巣のG大阪へ戻ってきた。

     長年Jリーグで活躍しているパトリックだが、「日本が大好き」と公言している。16年1月には母国メディアに「日本国籍取得を検討している」と明かし、日本代表入りを目指し始めた。国籍取得には小学校2、3年生程度の日本語の読み書き能力が必要で、現在も語学習得のため1日朝晩2回、1時間ほど勉強しているという。

    「平仮名、カタカナはほとんど読めますし、書けるものも増えて、日本人のみんなとも平仮名カタカナでメールしたりしますし、分からないことが出たら翻訳機能使ったりしながら打って、すごく頑張っています」

    8/7(水) 6:20 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190807-00209032-soccermzw-socc


    【【解説】ガンバ大阪FWパトリック 年齢的に厳しくも日本代表諦めない!】の続きを読む


    稲本潤一が衝撃を受けた、天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿 - Sportiva
    世界2位の快挙から20年……今だから語る「黄金世代」の実態第14回:稲本潤一(2) 1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦 ...
    (出典:Sportiva)


    稲本 潤一(いなもと じゅんいち、1979年9月18日 - )は、鹿児島県姶良郡湧水町生まれ、大阪府堺市育ちのプロサッカー選手。Jリーグ・SC相模原所属。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。 2002年、2006年、2010年と3大会連続でFIFAワールドカップに出場し、2
    28キロバイト (2,322 語) - 2019年6月15日 (土) 18:09



    (出典 image.jimcdn.com)


    中田と小野って仲悪かったってホント!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/06(火) 12:46:45.19

    世界2位の快挙から20年......今だから語る「黄金世代」の実態第14回:稲本潤一(2)

    1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦することになった。

    U-20日本代表はチームに勢いがあり、選手もここまでの試合を勝ち抜いてきたことで、自信を持っていた。
    唯一の不安要素は、キャプテンの小野伸二が準決勝のウルグアイ戦でイエローカードをもらい、累積警告によって出場停止になったことだった。

    「伸二がいないのは、めっちゃデカかった」

    稲本潤一は、厳しい表情でそう言った。

    このチームは"小野のチーム"と言っても過言ではなかった。

    小野は前年、18歳で日本代表に選出され、1998年フランスW杯にも出場した。技術の高さはピカイチで、人間性も優れ、リーダーシップもあった。
    U-20日本代表は血気盛んな個性的な選手ばかりだったが、小野がいたからこそ、ひとつにまとまっていた。

    稲本も、中学校時代から世代別代表で小野と一緒にプレーし、その存在の大きさを理解していた。

    「(小野は)もう中学校の時から違っていた。ヤット(遠藤保仁)とか(中村)憲剛や(中村)俊輔さんらもすごいけど、彼らは努力してすごい選手になった。
    もちろん、伸二も努力しているけど、最初に持っているセンスみたいなものがデカすぎたんよ。

    その持っているモノは(努力して)作ろうと思っても作れるもんじゃないし、教えてもらっても得られるもんじゃない。
    伸二って、メッシをどうやって作るのか、というレベルと同じ。そのくらいスーパーなんです」

    稲本は、北海道コンサドーレ札幌時代にも一緒にプレーしたが、その際、あらためて小野のすごさを感じることがあったという。

    「伸二に追いつこうと思っても、無理なんでね。まあ、1999年に(シドニー五輪アジア1次予選で)ケガをしてからは、自分の考えと体の動きがついていっていない感じやったし、
    そこからケガも増えたけど、コンサ(札幌)で一緒にやって思ったことは、『伸二はやっぱり一番うまい』。
    両足でスルーパスを出せる選手って、なかなかいないですよ。
    今のサッカーでは、伸二のようなタイプを作り出すのは無理やと思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00867480-sportiva-socc
    8/6(火) 6:17配信


    【【朗報】稲本潤一 小野伸二と中田英寿が原点!?】の続きを読む

    このページのトップヘ