捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 富安健洋


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。セリエA・ボローニャFC所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が偶然目を見張るスピードで走っている冨安の姿を目撃し、冨安
    20キロバイト (2,197 語) - 2019年7月31日 (水) 02:05



    (出典 i.daily.jp)


    試合に出れてるだけまし..

    1 久太郎 ★ :2019/08/19(月) 12:02:15.15

    [8.18 コッパ・イタリア3回戦 ピサ0-3ボローニャ]

     コッパ・イタリアの3回戦が18日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはピサ(2部)に3ー0で勝利した。今夏加入した冨安は公式戦で初出場。右サイドバックとしてフル出場を果たした。

     昨年1月にアビスパ福岡からシントトロイデンに移籍した冨安は、今夏にイタリアを新天地として選択。3日の親善試合・アウクスブルク戦で先発メンバーに名を連ねると、10日のビジャレアルとの親善試合では移籍後初ゴールも記録していた。

     ボローニャは18日のコッパ・イタリア3回戦で今シーズンがスタート。2部のピサと対戦すると、公式戦デビューの冨安はボローニャでの定位置となりつつある右サイドバックで先発する。前半21分にMFアンドレア・ポーリが先制点を挙げると、冨安も果敢に攻め立て決定機を創出した。

     ボローニャは前半を1-0で折り返すと、後半17分にはFWリッカルド・オルソリーニが追加点を挙げ、さらにその2分後にはFWロドリゴ・パラシオがダメ押しの3点目。格下相手に盤石の試合運びをみせ、そのまま3-0で勝利を収めた。

     冨安はフル出場で4回戦進出に貢献。来週のセリエA開幕に向けて着実に存在感を見せつけている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470676-gekisaka-socc


    【【朗報】冨安健洋 フル出場4回戦進出に貢献!来週のセリエA開幕に向けて存在感を示す!】の続きを読む


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。セリエA・ボローニャFC所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が偶然目を見張るスピードで走っている冨安の姿を目撃し、冨安
    20キロバイト (2,197 語) - 2019年7月31日 (水) 02:05



    (出典 www.soccer-king.jp)


    DFなんだから点取られたらダメ..

    1 久太郎 ★ :2019/08/11(日) 11:47:25.92

    今夏、ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋がフレンドリーマッチで移籍後初ゴールを挙げた。

     10日、ボローニャはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルと対戦。ベンチスタートの冨安は、2-3で迎えた後半30分にピッチに入ると、36分に同点ゴールを奪う。敵陣中央で獲得したFKからタイミングよく飛び出し、ヘディングシュートを決めた。

     しかし、ボローニャは後半40分に失点を喫して3-4で敗戦。チームは敗戦となったが、冨安にとってゴールを決めるなど、アピールの場となったようだ。

     なお、ボローニャは25日にセリエA開幕戦を迎え、アウェーでベローナと対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-43470371-gekisaka-socc


    【【解説】冨安健洋 ヘディング決めてアピールポイント獲得!】の続きを読む


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が偶然目を見張るスピードで走っている冨安の姿を目撃し、冨安
    19キロバイト (2,155 語) - 2019年6月25日 (火) 05:31



    (出典 portal.st-img.jp)


    ラツィオで決まり!

    1 Egg ★ :2019/06/25(火) 18:30:35.96

    セリエAの古豪ボローニャが獲得に動いている日本代表DF冨安健洋(20=シントトロイデン)に関し、25日付のボローニャ地元紙「イル・レスト・デル・カルリーノ」は、同じセリエAの強豪ラツィオも争奪戦に参戦したと報じた。同紙によれば、ラツィオは昨冬から冨安の動向を注視していたようで、ここ来てシントトロイデン側と再びコンタクトを取り始めたという。

     また同紙はボローニャの新シーズンへ向けた補強状況を改めて報道。「現時点での優先順位はDF」との見出しで、冨安の日本代表でプレーする写真を掲載するとともに、ボローニャが冨安の獲得を熱望しているした。ボローニャは昨季セリエA残留に貢献したDFリャンコがレンタル元のトリノ復帰。そのことでセンターバックの補強は急務となり日本代表でも成長著しい冨安に白羽の矢を立てた。

     同紙によれば、シントトロイデンは21日にボローニャの移籍金600万ユーロ(約8億9000万円)の正式オファーを拒否。それを受けボローニャは新たな作戦で再び冨安獲得に向けて動く予定という。

    スポニチ6/25(火) 17:16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000162-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】DF冨安健洋 ラツィオも獲得に参戦!】の続きを読む


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が偶然目を見張るスピードで走っている冨安の姿を目撃し、冨安
    19キロバイト (2,155 語) - 2019年6月21日 (金) 02:44



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ぶっちゃけ売りどき!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/21(金) 06:42:32.68

    日本代表DF冨安健洋の争奪戦が激化するかもしれない。ベルギー『VOETBALKRANT』が伝えている。

    2018-19シーズンはシント=トロイデンで公式戦通算40試合に出場し、主力として活躍した冨安。
    現在はコパ・アメリカ2019に臨む日本代表メンバーとしてブラジルに滞在し、奮闘を続けている。

    そんな20歳DFは昨季の活躍が高く評価されており、今夏移籍の可能性が伝えられている。
    先日には、セリエAのボローニャでテクニカルディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏がチリ戦(0-4)について
    「(CKで先制点を決めたエリック)プルガルをマークしていたのは我々の日本人選手かい?」と会見で話すなど、移籍は決定的と報じられている。

    『VOETBALKRANT』によると、ボローニャは移籍金600万ユーロ(約7億3000万円)を提示したようだが、シント=トロイデンはこの価格では手放すつもりがないという。
    イタリアからは他に3クラブが関心を抱いているため、クラブ側は値段を釣り上げたいようだ。1000万ユーロ(約12億円)を要求しており、これはシント=トロイデン史上最高額での売却になると見込まれている。

    同メディアの報道通りであれば、冨安の争奪戦が激化しており、依然として去就は不透明のままということになる。日に日に評価の高まる冨安だが、来季はどのクラブのユニフォームに袖を通すのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010003-goal-socc
    6/21(金) 6:20配信


    【【12億円..】冨安健洋 争奪戦が激化!?】の続きを読む


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が偶然目を見張るスピードで走っている冨安の姿を目撃し、冨安
    19キロバイト (2,155 語) - 2019年6月18日 (火) 00:14



    (出典 portal.st-img.jp)


    朗報朗報!

    1 久太郎 ★ :2019/06/19(水) 10:40:36.72

    コパ・アメリカに出場中の冨安
    ボローニャはシント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋をほぼ手中に収めたようだ。イタリアの有名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオの公式サイトが伝えている。

    ボローニャでは、今冬トリノから期限付きで加入したブラジル人センターバックDFリャンコの退団が現実的となる中、シント=トロイデンでプレーする20歳の冨安をリストアップして交渉を進めていた。

    そして、すでにボローニャ加入は確実とされ、移籍金も600万ユーロ(約7億3000万円)ほどになると伝えられている。2018-19シーズンはサンプドリアでテクニカルディレクターを務め、新たにボローニャのテクニカルコーディネーターに就任したヴァルテル・サバティーニ氏はコパ・アメリカに出場している冨安の動向も追っており、チリと日本の一戦にも言及している。

    「(ボローニャ所属の)プルガルが先制点を決めたが、誰がマークしていたか? それも“我々の”日本人じゃなかったか?」

    冨安は2018-19シーズン、公式戦40試合に出場し、自身の価値を大きく上げた。イタリアの地でさらなる成長を遂げることになるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00010013-goal-socc


    【【解説】冨安健洋 移籍金は7億超!?】の続きを読む

    このページのトップヘ