捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 柴咲岳


    柴崎 (しばさき がく、1992年5月28日 - )は、青森県出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオン・デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはMF。日本代表。妻は女優の真野恵里菜。血液型B型。 地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、こ
    36キロバイト (4,214 語) - 2019年9月10日 (火) 13:33



    (出典 wezz-y.com)


    リーガは難しい..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/30(月) 18:30:28.13

    セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第8節のデポルティボ対ミランデス戦が現地時間29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。
    デポルティボの日本代表MF柴崎岳は先発で出場し、66分に交代するまでプレーした。

    4試合連続の先発で出場した柴崎だが大きな見せ場は作れず。チームも先制されたあと追いつきはしたが勝ち越し点は奪えず、4試合連続のドローに終わっている。

    柴崎のパフォーマンスに対し、スペインメディアの評価は厳しい。『エル・デスマルケ』ではデポルティボの大半の選手と同じく採点「4」とし、
    「依然として輝くことができていない」と柴崎を評している。

    地元紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』でも同じく採点「4」。「前半には何らかの意図を持ったプレーをしようとしていた唯一の存在であり、
    ある程度危険な場所までパスを通していた」としながらも、それ以上にボールロストが目立ったと述べている。

    チーム専門メディア『リアソール.org』では「2.4」とチームの中でも低い採点。「創造的なプレーよりボール奪取の方が良かったが、
    それはチームが必要としていることではない」と日本人MFのプレーについてコメントしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00340532-footballc-socc
    9/30(月) 13:27配信


    【【悲報】柴崎岳 スペインメディアから低評価..】の続きを読む


    柴崎 (しばさき がく、1992年5月28日 - )は、青森県出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオン・デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはMF。日本代表。妻は女優の真野恵里菜。血液型B型。 地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、こ
    36キロバイト (4,214 語) - 2019年9月5日 (木) 11:13



    (出典 img.footballchannel.jp)


    とにかく勝利!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/08(日) 23:30:13.68

    臨機応変――。森保一監督が日本代表の監督に就任して以降、ことあるごとに繰り返してきたフレーズだが、MF柴崎岳(デポルティボ)もその重要性を指摘する。「全ては相手によって成り立っている」。
    中盤の要を担う副将は相手の出方に応じた戦い方をすることで、これから始まるアジアの戦いを勝ち抜いていく構えだ。

    カタールW杯アジア2次予選のミャンマー戦を2日後に控えた8日、柴崎は対戦相手の戦い方に言及した。「後方からビルドアップしようとしているのがよく分かるし、前線の選手も小柄でテクニックのある選手が多くいる」。
    格下とされる相手でも事前分析は怠らず、しっかりと情報を頭に入れて戦おうとしている。

    さらには「相手が何を嫌がって、何を快適としているかを見ないといけない」との言葉も。そうした相手の顔色は「試合の中で色んなバリエーションをやることで見つけ出す」もの。
    「森保ジャパンになってからの形もそうだけど、そうではない時の部分も考えながらシチュエーションに合った攻撃をしかけていきたい」と試合の中で柔軟に対応していくつもりだ。

    そうした“臨機応変さ”はピッチ内だけでなく、ピッチ外でも活きると考えている。
    「時差や環境適応、移動距離も含めてアジアの戦いだと思っている」と語った柴崎は「その時の状況で何ができるかという最適解を求めていくこと、その思考を止めないこと、環境に適応にしていくことが最低限やるべきこと」と心構えを述べた。

    そんな柴崎にとってW杯予選は2度目だが、前回は2次予選初戦のシンガポール戦(△0-0)、サブ組で臨んだ最終予選最終戦のサウジアラビア戦(●0-1)に出場したのみ。
    「チームが達成すべき目標があるので、チームの一部分としてしっかりと働きながら、チームが成功を収めるために働くだけ」。森保ジャパンでは主軸を担う背番号7はいたって冷静にW杯を争う長期戦に臨む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-43471445-gekisaka-socc
    9/8(日) 23:23配信


    【【解説】柴崎岳にとっての心構えとは!?】の続きを読む


    堂安 (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。PSVアイントホーフェン所属。ポジションはミッドフィルダー。日本代表。兄の堂安憂もプロサッカー選手。 小学生時代には西宮SSへ所属。中学校へ進学する際に、ガンバ大阪、セレッソ大阪、名古屋グランパスエイトのジ
    28キロバイト (3,408 語) - 2019年8月31日 (土) 13:41



    (出典 www.soccer-king.jp)


    結果だして見返せばいいだけ!

    1 ゴアマガラ ★ :2019/09/02(月) 18:25:45.25

    商業面を重視した契約との見方も?

    オランダの名門へ渡ったサムライ戦士の移籍に懐疑的な声が相次いでいる。

     現地時間8月28日、日本代表MFの堂安律は、フローニンヘンからオランダ屈指の名門PSVに移籍した。

    31日に行なわれた入団会見で堂安は、5年契約の書類にサインをし、「言い訳できない環境にいる。本当に自分次第だと思う。すべてを懸けてPSVのために戦いたい」と意気込んだ。

     今夏の移籍市場でメキシコ代表FWのイルビング・ロサーノをナポリに引き抜かれたPSVにとって、ウイングとしてオランダで実績を残し、
    かつ21歳と伸びしろもある堂安は、崩しの切り札の穴を埋める最適な補強かに思われた。

     しかし、この堂安の加入に対して、PSVの元監督で、1999年には浦和レッズを率いた経験もあるア・デモス氏が、「コンスタンティノス・ミトログルを獲得すると、今度はドウアンを獲った。
    2人はユース育ちの(コディ・)ガクポと(モハメド・)イハッタレンにとっては邪魔な存在になる」と意見して物議を醸した。

    このコメントに現指揮官のマルク・ファン・ボンメルは、「高い競争のレベルを維持しつつ、若手たちを成長させることがとても重要だと思っている」と、
    堂安の加入がチーム内での競争意識を高めることになると強調したが、補強に批判的な声は、いまだ収まる気配がない。

     オランダ人代理人のロブ・ヤンセン氏は、オランダ・メディア『VoetbalPrimeur』に対して、「クラブにとっていい補強かどうかは疑わしい」と語った。

    「たしかにいい選手ではあるが、PSVが本当に待ち望んでいた新戦力かはわからない。私はドウアンが3番目のチョイスだったと聞いている。
    (ブライトン所属の)アリレザ・ジャハンバクシュがファーストチョイスだったとね。そしてもう一人がいて、ドウアンは3番目だったんだ。商業的に興味深いかって? そ
    れはもちろんだよ。入団会見であれだけの人々が関心を寄せていたんだからね。ただ、スポーツの面では何とも言えないね」

     堂安はそうした懐疑的な意見を一変させることができるか。注目のデビューは、代表ウイーク明けの9月14日(現地時間)に行なわれるエールディビジ第6節のフィテッセ戦が濃厚だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00063640-sdigestw-socc


    【【解説】堂安律 すべてを懸けてPSVのために戦いたい!】の続きを読む


    柴崎 (しばさき がく、1992年5月28日 - )は、青森県出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオン・デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはMF。日本代表。妻は女優の真野恵里菜。血液型B型。 地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、こ
    36キロバイト (4,160 語) - 2019年8月9日 (金) 12:17



    (出典 tanosaka.com)


    フル出場なんて久しぶり!

    1 Egg ★ :2019/08/19(月) 13:02:36.03

    オビエド戦でフル出場し、3-2の勝利に貢献 「絶え間ない献身性」にも賛辞

    日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャは現地時間18日にリーガ・エスパニョーラ2部第1節オビエド戦に臨み、3-2と白星スタートを切った。柴崎は先発フル出場を果たして先制ゴールの起点になるなど活躍したなかで、地元紙から「日本人のファンタジスタ」と賛辞を送られている。

     この日、柴崎は4-2-3-1の左ボランチとしてキックオフの笛を聞いた。すると前半20分、ボールを奪い取った柴崎が攻撃の起点となって攻撃を展開し、コートジボワール人FWママドゥ・コネの先制ゴールを導き出した。後半はお互いが2点ずつを挙げる打ち合いとなり、柴崎は中盤を落ち着かせる役割を90分間にわたって任された。

     1部復帰を目指すデポルティボにとって、幸先の良い勝ち点3。そのなかで柴崎の働きを高く評価しているのは地元メディアの「ラボス・デ・ガリシア」だ。「日本のファンタジスタとエレファンツ(コートジボワール代表の愛称)の積み重ね」とのタイトルで、柴崎とコネの働きを評価。特に柴崎についてはこのように記されている。

    「ガクはガス(体力)が続くことを、祈り続けなければならなかった。攻撃面でも守備面でもだ。彼の絶え間ない献身性、そして驚くべきキックから危険なパスを送り込んだ。何よりも後方からパスを入れつつ(守備での危険な場面を)カバーすることで、相手のラインを打ち破るのを楽にした」

     このように攻守両面での気の利いたプレーぶりが評価されている。そしてこの90分間で得たメディアからの信頼はかなり大きいようだ。

    「(デポルティボの本拠地の)リアソールは、昇格の夢を見せてくれる選手だと確信し、恋に落ちていた。日本人はデビュー戦で輝き、デポルでの融合が上手くいっていることが明らかになった」

     1990年代後半から2000年代前半にかけて「スーペル・デポル」と呼ばれる黄金期を築いたデポルティボも、近年は1部と2部を行き来する低迷期にある。その状況を打開する役割を期待されている柴崎だが、初の公式戦でのプレーはクラブ内外に実力を示したと言えるだろう

    8/19(月) 10:20 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211444-soccermzw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】柴崎岳 絶え間ない献身性と日本人のファンタジスタと賛辞!】の続きを読む


    柴崎岳が持論展開「辛口批判=悪だとしたら」 | ゲキサカ - ゲキサカ
    スペイン2部のデポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳がツイッター(@GakuShibasaki_)を更新し、持論を展開している。 柴崎は「もし辛口批判=悪だとしたら」と書き ...
    (出典:ゲキサカ)


    柴崎 (しばさき がく、1992年5月28日 - )は、青森県出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオン・デポルティーボ・ラ・コルーニャ所属。ポジションはMF。日本代表。妻は女優の真野恵里菜。血液型B型。 地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、こ
    36キロバイト (4,160 語) - 2019年7月28日 (日) 23:52



    (出典 sakanowa.jp)


    ツイッターやってたんだ..

    2 風吹けば名無し :2019/08/01(木) 08:36:28.66

    画像こっちや

    (出典 i.imgur.com)


    【【解説】柴崎岳 うっかりツイッターで呟いた事とは..】の続きを読む

    このページのトップヘ