中島翔哉を擁するポルトも惜敗。ロシア勢の意地と欧州の奥深さ。(杉山孝) - Number Web
毎年恒例のNumber欧州蹴球名鑑が、9月17日に発売されます。 巻頭には欧州サッカーの潮流が読み解ける充実の読み物。そして4大リーグと呼ばれるイングランド、 ...
(出典:Number Web)


中島 翔哉(なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。プリメイラ・リーガ・FCポルト所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2
44キロバイト (4,829 語) - 2019年9月10日 (火) 15:21



(出典 shae-bear.com)


中島の濃厚なマウスサービス..

1 Egg ★ :2019/09/11(水) 10:16:11.52

日本代表MF中島翔哉(ポルト)が森保ジャパンのワールドカップ(W杯)予選“1号”を決めた。10日行われたカタールW杯アジア2次予選の初戦となるミャンマー戦(ヤンゴン)は2-0で勝利。定位置の左サイドハーフで先発した中島は前半16分に強烈なミドルシュートで先制点を挙げた。美しくゴールネットを揺らすゴールで、背番号10らしく悪天候のピッチでも輝きを放った。


 断続的な雨が降る難しいピッチコンディションでも“サッカー少年”にとっては関係なかった。敵地ヤンゴンの会場トゥウンナ・スタジアムは水気を多く含んで時折パスが止まってしまうような状況。街中では浸水が起きるほどの雨量だったが、すぐに劣悪環境にも慣れた。前半16分、MF堂安律(PSV)が高い位置で相手からボールを奪い、ショートカウンターに。パスを受けた中島は左サイドを上がり、ペナルティーエリア左外から強烈なミドルシュートを放った。ボールは綺麗な曲線を描いてゴールへ。大きな先制点を奪った。

「シュートを打てる時は打とうと思っていた。昨日も話した通りで、そこまでピッチにこだわりはないし、その時の状況で一番いいプレーをしようと思っている。ピッチとか雨を気にし過ぎることはなかった」

 ミャンマー入り後はスコールに見舞われたり、天然芝ではない練習場で汗を流したりと、日本や欧州では考えられないような環境だった。間違いなく“良い環境”とは言えるものではなかったが、中島にとっては関係ない。むしろ“翔哉節”で「ロッカーも綺麗」とさらりと言ってのけた。

「僕自身は環境が悪いと思っていなかったし、ロッカーも綺麗だった。こういうスタジアムでできる、いろいろな人が作り上げてくれた試合でプレーすることには感謝しかない。今日は日本代表にとってはすごく大事な大会で親善試合とは違うけど、僕自身はどの試合もチームの勝利に貢献できるように全力でやろうと思っている」

後半、日本を無失点に抑えた相手に…「何人も足をつっていたように全力でやっていた」

 試合終盤には、守備に奮闘した相手選手が何人も足をつった。水分を含んだピッチだからこそ、下半身にかかる負担も大きい。それでも、相手は後半に日本の決定機を何度も防いだ。

「相手もみんなで協力して何人も足をつっていたように全力でやっていた。僕も自分の限界まで力を出すことを学ばないといけないと思ったし、今日も勉強になる試合だった」

 W杯予選であろうが、カタールへの道であろうが中島にとっては関係ない。目の前の1試合に全力を注ぐ姿はミャンマーでも変わらなかった。

9/11(水) 6:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00216737-soccermzw-socc

写真
(出典 amd.c.yimg.jp)





2 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:17:01.35

サポーターも良かったな、日本へのリスペクトも感じられた


3 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:17:27.14

プレーは汚かった


11 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:21:02.34

>>3
実力差が有りすぎるとああなるんだよ
危ないったらありゃしないが

つか新翔さんは良い意味でサッカー*だな


22 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:25:19.63

>>3
これこれ
あと乱入な


53 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 11:09:06.29

>>22
あれみんな笑いこらえてて笑った


47 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 11:03:29.11

>>3
ピッチに乱入
石投げ
ピッチは草ボーボー

感謝する必要があるのか謎ではある


79 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 13:16:46.97

>>3
大迫に後ろからタックルにいった奴を見て小野がフィリピン人に壊された場面を思い出したわ。


86 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 15:08:11.40

>>79
あの大迫にクソタックルしたやつは、空振ったけど他にもゴミクズみたいなタックル何度かやってんだよね
アイツは国際レベルで試合する技量がない


5 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:18:32.62

ミャンマー嫌いになったけどな
乱入だのサポータが石投げた情報だの


7 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:20:27.79

うわぁ胡散臭いわこいつ


8 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:20:40.98

香川を人として超えたな


10 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:21:01.70

入らない無駄打ちが多いね
もう少し周りを使ってよ


12 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:21:23.60

「お~い 水島 一緒に日本に帰ろう~(インコ)」

「あ~やっぱり自分は帰る訳にはいかない・・・」


15 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:22:06.20

負け試合でさらに得点決められないように痛いンゴする場合があるってことも勉強になりました


16 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:22:30.22

最後のGKはベッドサッカーでなくガチだったのか。
ミャンマー得失点差意識して最小失点狙ってるのかとおもた


74 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 12:28:16.00

>>16
パタパタ倒れてたFPはわからんけどGKはガチで足が変色してたよ


17 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:22:57.63

ホワイトスプレイニングのイエローバージョンだろ?
常に上から目線すぎるんだよ


18 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:23:54.58

手首痛くて担架呼ぶの笑う


20 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:25:12.47

パラグアイ戦もそうだったけど相手に誤解されてぶっ壊されないようにしてもらいたい
小野みいな悲劇はもう見たくない


21 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:25:15.69

悟りの境地


24 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:27:04.78

大迫、吉田という両巨頭のサッカーキャリアが終わりそうな怪我させられる一歩手前だったな
ホームでまたこいつらとやるとか恐怖でしか無いよな


25 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:28:53.09

代表チームは実力差に心が折れてて、ホームで大量失点したくないから時間稼ぎでばたばた倒れててみっともねーとしか日本人思ってねーぞ


26 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:28:55.01

危険なタックルを食らっていたが、「怪我しなかったからいいじゃん!」みたいな発想なんだろうな
中島のネジはどっか付け間違えられる感じ


31 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:31:58.02

ファールは危険なの多かったな
守る側は取れると思って行ったら予想外の動きをされて、結果的に危険なファールになってるんだろうかね


34 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 10:35:34.89

大迫壊れなくて良かったわ
あのタックルの後はめっちゃ流してた感あった
逆に南野は頑張りすぎ
この後ねんがんのCLがあるのに


51 名無しさん@恐縮です :2019/09/11(水) 11:08:59.75

>>34
南野は絶好調過ぎて逆に怖いね
こういう時に大きな怪我をしなければ良いが