捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    2019年09月


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県南さつま市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。ポジションは日本代表ではフォワード、海外移籍以降のクラブでは主にミッドフィールダーを務める。 2014年、2018年W杯メンバー。全国高等学校サッカー
    46キロバイト (5,089 語) - 2019年9月10日 (火) 13:31



    (出典 upload.wikimedia.org)


    代表の軸は大迫と南野だっただけに..

    1 Egg ★ :2019/09/19(木) 22:45:18.75

    ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也の離脱期間が、4週間から6週間とみられていることが分かった。クラブ公式ツイッターが、フルリアン・コーフェルト監督の会見での「4週間から6週間、チームから離脱するだろう」というコメントを伝えている。

     大迫は18日の練習中に太ももを負傷。クラブからは、「重度の怪我を負ってしまった」と発表になっていた。

     大迫は今季、開幕4戦で3ゴールを記録する好スタート。今月行われた日本代表の2試合にも連続して先発出場していた。

     日本代表は10月10日にモンゴルと、同15日にタジキスタンとW杯アジア2次予選を戦うことになっているが、大迫の欠場は決定的となった。

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    9/19(木) 22:19配信ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-43471823-gekisaka-socc


    【【悲報】大迫勇也 離脱期間は4〜6週間の見込み!】の続きを読む


    「トミヤスが外部スカウトの興味を最も引いているのは当然」ボローニャSDが冨安健洋に - Goal.com
    ボローニャのリッカルド・ビゴンSDは、冨安健洋がスカウトを引き付けているのは当然だと考えている。
    (出典:Goal.com)


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。セリエA・ボローニャFC所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が目を見張るスピードで走っている冨安の姿を偶然目撃、冨安
    25キロバイト (2,827 語) - 2019年9月14日 (土) 21:06



    (出典 i.daily.jp)


    よく頑張ったとは思う!

    1 久太郎 ★ :2019/09/16(月) 00:00:56.02

    [9.15 セリエA第3節 ブレシア3-4ボローニャ]

     セリエAは15日に第3節を行った。日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地で昇格組ブレシアと対戦し、4ー3で勝利して暫定2位に浮上。右サイドバックで先発した冨安は今季公式戦全4試合でフル出場を果たした。22日の第4節ではホームでローマと対戦する。

     日本代表から帰還した冨安はさっそく右SBで先発。コッパイタリア3回戦(○3-0)、セリエA開幕節(△1-1)、第2節(○1-0)に続き、公式戦4試合連続で先発の座を勝ち取っている。前半5分には最後方からロングパスをFWロドリゴ・パラシオにつなげる。さらに同8分、PA右にMFロムロの進入を許すが、冨安が体を入れてファウルを誘発してピンチを防いだ。

     しかし先制はブレシア。前半10分、ロムロがPA左からクロスを上げ、ファーサイドのFWアルフレッド・ドンナルンマが頭で合わせる。ゴールマウスに向かうボールはGKウーカシュ・スコルプスキにかき出されるが、ゴールラインテクノロジーによりラインを越えていたことが認められ、ブレシアの得点となった。

     さらにブレシアは追加点。前半19分、MFサンドロ・トナーリがPA右外からFKを蹴るが守備のブロックに遭い、ボールはPA外へ。するとボールを拾ったDFアレス・マテイウがノールックからPA左に鋭いパス。受けたドンナルンマが冷静に右足シュートをゴールのファーサイドに蹴り込み、2-0とリードを2点差に広げた。

     ボローニャは前半22分にパラシオがPA手前から左足シュートを放つも、鋭い弾道も相手GKの正面に。一方、ブレシアは同27分にMFダニエレ・デッセーナがPA左に入り込むが、冨安に体で阻まれた。

     するとボローニャが1点を返す。前半36分、FWニコラ・サンソーネのFKをDFマッティア・バーニが頭で押し込んだ。しかしブレシアも2-1で迎えた同42分、トナーリの右CKをDFアンドレア・チスターナがニアサイドから頭で合わせ、再び点差を2とした。

     ブレシアは3-1で前半を折り返すと後半3分、デッセーナが敵陣近くで倒れるが、シミュレーションが認められて逆に警告を受ける。すでに1回イエローカードを受けていたため、デッセーナは退場処分。追いかけるボローニャは数的優位に立った。

     するとボローニャは後半12分から反撃開始。PA右へのスルーパスにFWリッカルド・オルソリーニが反応し、深い位置から折り返すと、最後はパラシオが押し込んだ。さらに2-3で迎えた同15分、右CKをパラシオがニアサイドで合わせ、ブロックされたところをDFステファノ・デンスウィルが押し込み、3-3と試合を振り出しに戻した。

     ボローニャは後半32分に敵陣でボールを奪われ、トナーリにカウンターを仕掛けられそうになるも、すかさず冨安がコースを消しながら鋭いプレス。ファウルになってしまったが、抜群の反応でカウンターのピンチを防いだ。

     数的優位のボローニャが少しずつ攻め立てると、後半35分にいよいよ試合をひっくり返す。冨安の右サイドからのクロスは相手の守備に跳ね返されるが、ボールを拾ったボローニャは細かいパス回しからPA左角の手前にいたパラシオがファーサイドに柔らかい浮き球パス。PA右に走り込んだオルソリーニが左足ダイレクトで合わせ、4-3と逆転に成功した。

     試合はそのまま終了し、ボローニャが4-3で勝利。リーグ戦で3試合無敗(2勝1分)を継続させ、7位から暫定2位に浮上した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-43471699-gekisaka-socc


    【【朗報】冨安健洋 ボローニャを2位に押し上げる!】の続きを読む


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県南さつま市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。ポジションは日本代表ではフォワード、海外移籍以降のクラブでは主にミッドフィールダーを務める。 2014年、2018年W杯メンバー。全国高等学校サッカー
    46キロバイト (5,089 語) - 2019年9月10日 (火) 13:31



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    あーあ

    1 ゴアマガラ ★ :2019/09/18(水) 23:57:36.79

    ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也に長期離脱の可能性が浮上している。18日、クラブ公式サイトが「重度の太腿の怪我を負った」と発表した。

     今季、大迫は公式戦5試合4ゴール1アシストと好調。14日に行われたブンデスリーガ第4節のウニオン・ベルリン戦では後半24分に交代を余儀なくされたが、怪我ではなく、筋肉の痙攣と報じられていた。

     しかし、クラブ発表によると、大迫は18日のトレーニング中に負傷。太腿に重い怪我を負い、トレーニングを中止したという。
    精密検査の結果は19日に判明するとのこと。長期離脱となれば、日本代表にも大きな影響が出そうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-43471779-gekisaka-socc


    【【悲報】大迫勇也 長期離脱が濃厚..】の続きを読む


    「久保建英はメッシに似ているが…」 バルセロナ16歳新星と久保を恩師が比較 - フットボールチャンネル
    マジョルカの日本代表MF久保建英とバルセロナのFWアンス・ファティの“恩師”であるダニエル・オルカス氏が、両者の比較について見解を述べた。スペイン『ラ・セクスタ』の ...
    (出典:フットボールチャンネル)


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。
    38キロバイト (4,804 語) - 2019年9月18日 (水) 08:11



    (出典 image.aflo.com)


    ノーゴールノーアシスト..

    1 Egg ★ :2019/09/19(木) 07:17:34.49

    かつての名コンビがカンプ・ノウで再会を果たすか

    いまバルセロナでもっとも熱いフットボーラーと言えば──。今季のバルセロナで彗星のごとく台頭した16歳の新鋭FW、アンス・ファティだろう。

     8月25日、ラ・リーガ第2節のベティス戦で途中出場を果たしてトップデビュー。「16歳298日」はクラブ史上2番目の若さで、「16歳304日」での初ゴールはクラブ史上最年少、ラ・リーガ史上でも3番目の若さだった。

     さらに9月17日のチャンピオンズ・リーグ開幕戦、ボルシア・ドルトムント戦でもクラブ史上最年少出場。スペイン国内はこのギニア=ビサウ出身である若者の話題で持ちきりだ。

     ファティはバルサのカンテラ育ち。現在マジョルカでプレーする日本代表FW久保建英はひとつ年上で、U-12チーム時代には前線で名コンビを組んで猛威を振るった間柄だ。2014年、FIFAがバルサの外国籍選手の獲得・登録に関して制裁を科し、久保は日本へ帰国、ファティも1年間選手登録を許されなかった。ふたつの若き才能が5年の歳月を経て、プリメーラ(1部)の舞台で輝きを放っている。

     そんな両雄をよく知る人物を直撃したのが、スペイン民放テレビ局の『La Sexta』。バルサ・カンテラの指導者であるダニエル・オルカス氏にマイクを向け、久保とファティの将来性を問うたのだ。オルカス氏は次のように答えている。

    「リオネル・メッシは唯一無二の存在だが、タケ・クボはとても彼に似た特性を持っている。とてもテクニカルでね。ただどちらを選ぶかと訊かれたら、私はファティを選ぶ。なぜなら彼は常に違いを生み出すプレーヤーだからだ」

     さらにオルカス氏は、登録禁止だった頃のファティに寄り添ったことを明かし、「彼にとっては困難を伴う過酷な時期だった」とコメント。「我々は1年間、実戦ができないアンスのために練習試合をたくさん組んだものだ。プレー機会が必要だったからね」と説明した。

     ジュニア時代に抜群の相性を示し、いまも刺激し合う久保とファティ。12月8日のバルサ対マジョルカ戦でプロ初対決は実現するのか。会場はカンプ・ノウと、最高の舞台が整っている。

    9/19(木) 6:39 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00010002-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【解説】恩師が語る!久保建英はメッシとよく似た性質とは!?】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオン・レアル・サラゴサ所属。日本代表。ポジションはMF、FW。 欧州サッカー連盟運営サイトUEFA.com発表のランキング「ヨーロッパで最も成功している日本人選手は誰か」で全部門
    100キロバイト (11,521 語) - 2019年9月17日 (火) 22:39



    (出典 nensyu.site)


    食中毒!?

    1 Egg ★ :2019/09/18(水) 09:04:47.45

    MF香川真司(30)が所属するスペイン2部レアル・サラゴサの最新試合が、異例の延期となった。

    18日にアウェーで対戦予定だったフエンラブラダの選手が急性胃腸炎に集団感染したためで、試合日に変わる直前の17日深夜、延期が正式決定した。同クラブがスペインサッカー連盟(RFEF)に「医療上の理由」で試合の延期を申し入れていて、了承された。

    トップチームの多くの選手が急性胃腸炎となり、現時点でプレーできる選手が11人を切っているという。申し入れには医療報告書も添えられており、状況が今後さらに悪化する可能性があった。その中で結局、スペイン連盟の競技委員会が正式に延期措置を発表。現時点で先送りされた試合の日時は決まっていない。

    スペイン紙アスによると、17日の午前に行われた練習に参加できたのは8選手だけで、予定していたメニューを消化することができなかった。スタッフは、メレ監督こそ発症していないものの、アシスタントコーチ2人が選手と同様の症状を訴えてトレーニング欠席を余儀なくされている。

    この症状は、フエンラブラダが敵地ルーゴへ乗り込んだ15日に既に出ていたとのこと。遠征にはクラブの首脳陣とスタッフを含めて30人が参加したが、うち20人に症状が出ているため、ルーゴでかかったと考えられている。選手に至ってはスタメン11人中9人に症状が出ており、試合どころではなくなっている。

    メレ監督は17日の会見で「危機的状況だ。今日、我々は11選手以下でトレーニングを行った。そんな状態では、いかなる試合も戦うことができない」と窮状を訴えていたが、やはりキックオフを迎えることはできなかった。

    香川サラゴサは開幕4勝1分けの無敗で2位につけており、3勝1分け1敗で4位だったフエンラブラダを直接たたき、さらに波に乗りたいところだったが、不可抗力とはいえ、思わぬ理由で水を差される形になった。(高橋智行通信員)

    9/18(水) 5:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-09180041-nksports-socc


    【【解説】香川真司 医療上の理由で試合が延期..】の続きを読む

    このページのトップヘ