捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです

    2019年06月


    サッカー日本代表、南米選手権から帰国 森保監督「…(写真=共同) - 日本経済新聞
    サッカーの南米選手権で1次リーグ敗退に終わった日本代表が27日、開催国のブラジルから成田空港に帰国した。到着後に取材に応じた森保監督は2分け1敗で準々決勝 ...
    (出典:日本経済新聞)


    サッカー日本代表」、そのさらに前年には「U-21サッカー日本代表」と呼称が変わる。 1988年大会まではサッカー日本代表#オリンピックの成績を参照。 1994年大会まではサッカー日本代表#アジア競技大会の成績を参照。 ※1998年大会は、大会規定上はフル代表が出場可能であったものの、日本はU-21の選手で参加した。
    36キロバイト (736 語) - 2019年2月2日 (土) 15:17



    (出典 www.soccer-king.jp)


    合ってる!?

    1 Egg ★ :2019/06/29(土) 01:36:24.60

    “不動”が唯一見当たらないGK、権田とシュミットが熾烈な争い

    昨夏のロシア・ワールドカップ後、森保一監督が就任した日本代表は、初陣となった昨年9月のコスタリカ戦から直近のエクアドル戦まで19試合を戦ってきた。
    多くの選手を起用し、試行錯誤しながらチーム作りを進めているなか、各ポジション内での最新パワーバランスはどのような状況になっているのか。
    直近のコパ・アメリカ(南米選手権)に参戦したメンバーも含めて、招集全68人をポジション別に分け、5段階評価(不動/スタメンクラス/バックアッパー/成長株/未来枠)で見ていく。

    まずは森保ジャパンの初陣から直近の試合までを振り返る。ここまで国際親善試合やアジアカップ、コパ・アメリカを含めて19試合を戦い、12勝4分3敗、33得点18失点の結果を残す。
    敗れた相手はカタール(1-3)、コロンビア(0-1)、チリ(0-4)のみ。昨年9月の初戦からアジアカップ準決勝まで11試合負けなしと記録したが、以降は負けが込んでいる。

    【森保ジャパンの全成績】

    18/09/07  ―― チリ(※北海道胆振東部地震の影響で中止)
    18/09/11 ○3-0 コスタリカ(国際親善試合)
    18/10/12 ○3-0 パナマ(国際親善試合)
    18/10/16 ○4-3 ウルグアイ(国際親善試合)
    18/11/16 △1-1 ベネズエラ(国際親善試合)
    18/11/20 ○4-0 キルギス(国際親善試合)
    19/01/09 ○3-2 トルクメニスタン(アジアカップ GL1)
    19/01/13 ○1-0 オマーン(アジアカップ GL2)
    19/01/17 ○2-1 ウズベキスタン(アジアカップ GL3)
    19/01/21 ○1-0 サウジアラビア(アジアカップ 16強)
    19/01/24 ○1-0 ベトナム(アジアカップ 準々決勝)
    19/01/28 ○3-0 イラン(アジアカップ 準決勝)
    19/02/01 ●1-3 カタール(アジアカップ 決勝)
    19/03/22 ●0-1 コロンビア(国際親善試合)
    19/03/26 ○1-0 ボリビア(国際親善試合)
    19/06/05 △0-0 トリニダード・トバゴ(国際親善試合)
    19/06/09 ○2-0 エルサルバドル(国際親善試合)
    19/06/17 ●0-4 チリ(コパ・アメリカ GL1)
    19/06/20 △2-2 ウルグアイ(コパ・アメリカ GL2)
    19/06/24 △1-1 エクアドル(コパ・アメリカ GL3)
    ※GL=グループリーグ

    【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
    ◎=不動
    ○=スタメンクラス
    △=バックアッパー
    ☆=成長株
    ◇=未来枠

    ■GK
    〇 権田修一(ポルティモネンセ)
    〇 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
    △ 東口順昭(ガンバ大阪)
    △ 川島永嗣(ストラスブール)
    △ 中村航輔(柏レイソル)
    ☆ 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
    ◇ 小島亨介(大分トリニータ)

    不動と言える存在が唯一見当たらないポジションだ。当初は東口も定位置争いに加わっていたが、現在は権田とシュミットが熾烈な争いを繰り広げている形だ。
    コパ・アメリカに参戦した川島も再び名乗りを挙げているなか、台頭が期待された中村がやや足踏み状態。コパ・アメリカで代表デビューを飾った大迫は今後の成長に期待だ。

    6/28(金) 20:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00200232-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【サッカー日本代表 招集全68人を5段階評価してみた結果..】の続きを読む


    川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・RCストラスブール所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー。 少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望で、セルヒオ・
    44キロバイト (4,747 語) - 2019年6月26日 (水) 10:15



    (出典 number.ismcdn.jp)


    GKは経験が全て!

    1 Egg ★ :2019/06/29(土) 11:06:41.33

    森保一監督率いる日本代表が、コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグを突破できなかった。「勝てば決勝トーナメント進出」のエクアドル戦が引き分けに終わり、得失点差で決勝T進出がかなわなかった。
    それだけにグループC組初戦のチリ戦の0―4が痛かった。チームのレベル差以上の点差となったわけだが、そこで際立ったのが「先発した19歳GK大迫の安定感に欠けるプレー」である。

    大きなミスを*たわけではないが、DF陣に対するコーチングだったり、コンビネーションだったり、どうしてもチグハグ感が否めなかった。GKに求められる要素のひとつ<常に泰然自若とする>というイメージが伝わってこなかった。
    2戦目のウルグアイ戦と3戦目のエクアドル戦でプレーした36歳のベテランGK川島にはうならされた。特にタフなメンタルには恐れ入った。

    エクアドル戦の前半15分、MF中島のゴールで日本が先制した。ところが23、25分と川島が、立て続けに信じられないプレーをやった。
    バックパスを受けた後、味方に出そうとしたパスに正確性を欠き相手に渡してしまうという失態を繰り返してしまったのである。

    23分の場面では、ペナルティーエリア左角付近の相手に渡し、至近距離からシュートを打たれてしまった。
    もっとも川島は横っ跳びセーブなど素晴らしいパフォーマンスを披露し、私の周囲でも「川島、まだイケる」といった高評価を与えられることになった。

    現役時代、今回の川島のようなチョンボをしてしまったことは一度や二度ではない。ミスを*た瞬間、ポーカーフェースを装いながら「やっちまった!ヤバイ! 何とかしなきゃ!」と動揺したものである。
    ところが川島は、そんなネガティブな思いをおくびにも出さずにピンチを招いても慌てず、騒がず、平常心を保って見事なセービングを見せた。

    私が森保監督だったら川島に対する評価をより高め、2020年東京五輪代表のオーバーエイジ枠(←そういえば川島の名前は永嗣=エイジではないか!)の有力候補として考えたいと思う。
    やはりGKに求められる要素に「ツキを持っている」がある。前半23分と25分のチョンボが失点につながっていたら――。

    「川島はトップレベルにはない」と判断されて日本代表はもちろんのこと、移籍先としてJクラブからの引き合いもなくなっていたことだろう。

    川島、恐るべし。

    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/257027

    写真

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【サッカー】GK川島永嗣 東京五輪オーバーエイジの有力候補!】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める
    33キロバイト (4,081 語) - 2019年6月27日 (木) 03:47



    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    騒がれている割に安いな ..

    1 Egg ★ :2019/06/29(土) 06:08:53.66

    コパ・アメリカでは全3試合に出場
     
    東京五輪世代の若手主体のメンバーで、ブラジルでのコパ・アメリカに臨んだ日本代表は、1999年以来2度目の出場となった舞台で、初戦のチリ戦で0‐4の大敗を喫すると、ウルグアイ(2-2)、エクアドル(1-1)と連続ドロー。
    目標だった南米の地での初勝利には手が届かず、2分1敗でグループステージ敗退となった。

    ただ、南米の強豪を相手に若手が奮闘するなど、収穫も多かった。とりわけ、ウルグアイから2ゴールを奪った三好康児とともに、小さくないインパクトを残したのが久保建英だ。

    大会前にFC東京からレアル・マドリーへ電撃移籍を果たした俊英は、チリ戦とエクアドル戦で先発し(ウルグアイ戦は途中出場)、華麗なドリブルや正確なパスでたびたび決定機を創出するなど、持ち味を存分に発揮。
    エクアドル戦で試合終了間際のゴールがオフサイドと判定され、A代表初得点はならなかったが、その堂々たるプレーぶりは称賛を集めた。

    R・マドリーというビッグクラブに移籍したことも含め、久保の評価は着実に高まっているようだ。ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が日々更新している「推定市場価格」にも変化があった。
    これは、世界中のフットボーラーを対象に能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的にジャッジして弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“価値”を示す指標として定評がある。

    その『transfermarkt』は6月27日に久保の推定市場価格を更新。これまでの50万ユーロ(約6500万円)から200万ユーロ(約2億6000万円)に跳ね上がり、400パーセントの大幅アップとなった。
    これは現役日本人選手では23位タイとなる(総合ランキングは次ページ)。

    ちなみに、6月28日時点での「全日本人選手・推定市場価格トップ30」を見ると、2500万ユーロ(約32億5000万円)の中島翔哉がダントツ。これは日本人選手の歴代で見てもナンバー
    2位は、6月12日に750万ユーロ(約9億7500万円)から1000万ユーロ(約13億円)へと大きくジャンプアップした堂安律。3位は、900万ユーロ(約11億7000万円)で武藤嘉紀と冨安健洋が並んでいる。

    まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの久保が、今後もマドリーのカスティージャ(Bチーム)や日本代表で結果を残せば、推定市場価格が加速度的に上昇していく可能性も小さくないだろう。

    「日本人フットボーラー・推定市場価格 現役トップ30」はこちら!
    推定市場価格の全日本人選手・トップ30は以下の通りだ。

    【日本人フットボーラー・推定市場価格 現役トップ30】
    1位 中島翔哉(アル・ドゥハイル) 2500万ユーロ(約32億5000万円)
    2位 堂安 律(フローニンヘン) 1000万ユーロ(約13億円)
    3位 武藤嘉紀(ニューカッスル) 900万ユーロ(約11億7000万円)
    3位 冨安健洋(シント=トロイデン) 900万ユーロ
    5位 酒井宏樹(マルセイユ) 800万ユーロ(約10億4000万円)
    6位 吉田麻也(サウサンプトン) 700万ユーロ(約9億1000万円)
    7位 香川真司(ベジクタシュ) 600万ユーロ(約7億8000万円)
    8位 大迫勇也(ブレーメン) 500万ユーロ(約6億5000万円)
    9位 南野拓実(ザルツブルク) 500万ユーロ
    10位 伊東純也(ゲンク) 450万ユーロ(約5億8500万円)
    10位 鎌田大地(シント=トロイデン) 450万ユーロ


    サッカーダイジェスト 6/29(土) 5:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00010000-sdigestw-socc&p=2


    【【推定市場価格】久保建英 日本人総合ランキングでは何位!?】の続きを読む


    長友佑都の肉体改造支えた「究極食事法」の秘密 - 東洋経済オンライン
    サッカー日本代表、不動の左サイドバックである長友佑都選手が6月20日、『長友佑都のファットアダプト食事法 カラダを劇的に変える28日間プログラム』を上梓した。
    (出典:東洋経済オンライン)


    長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。スュペル・リグ・ガラタサライ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。日本代表。 妻はタレントの平愛梨。
    82キロバイト (9,391 語) - 2019年6月11日 (火) 09:00



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    以前に比べて敏捷性も運動量も落ちてる..

    1 シャチ ★ :2019/06/29(土) 12:27:46.55

    サッカー日本代表、不動の左サイドバックである長友佑都選手が6月20日、『長友佑都のファットアダプト食事法 カラダを劇的に変える28日間プログラム』を上梓した。

    「ファットアダプト食事法」とは、端的に言うと、糖質の代わりに積極的に脂質を摂ることで、自分の体を「脂質適応状態」にし、体脂肪を燃えやすくする食事法。
    過去に徹底した糖質制限やグルテンフリーの食事も試してきたが、なかなか思ったように結果に結びつかなかったという長友選手は、2017年よりこの食事法に取り組み始めたという。

    その結果、細胞レベルからの肉体改造に成功、32歳で迎えた2018年のロシアワールドカップでは、圧倒的なパフォーマンスを発揮した。今では「プロ1年目からこの食事法を取り入れていたら、
    レアル・マドリードに入れたかもしれない」とまで語るほどだ。またこの食事法を始めてから、背中の大きなニキビなど、長年悩んできた肌のトラブルもウソのようになくなったという。
    これまでに「体幹」「ヨガ」など、パフォーマンス向上のためにストイックに取り組んできた長友選手が、紆余曲折を経て最終的にたどり着いた「ファットアダプト食事法」とは何なのか。

    ■ベルギー戦の後に思わず出た本心

     ちょうど1年前の2018FIFAワールドカップ・ロシア大会。日本代表は予選グループHを1勝1敗1分で勝ち抜いて決勝トーナメントに進出。初めてのベスト8入りをかけてベルギーと対戦して、惜しくも2対3で逆転負けを喫した。

     このゲームが終わった後、僕はメディアのインタビューに対して次のように答えた。

     「また4年後のワールドカップを目指します」

     これは前もって用意していたコメントではなく、ベルギー戦を終えてとっさに出た本心。いわば本能から飛び出した言葉だ。

     最後の最後での逆転負けのショックで茫然自失としている選手もいたし、涙に暮れる選手もいた。それでも僕が前を向いてポジティブな発言ができたのはなぜか。

     それは僕自身が肉体的にも精神的にも絶好調であり、ロシアでワールドカップに改めて魅了されたからだ。だからこそ、またこの舞台に戻りたいと素直に思えた。

     一般的にアスリートは加齢とともにパフォーマンスが落ちるとされている。それなのに、32歳の年で迎えたロシア大会で僕が絶好調だったのはなぜか。

     その秘密は食事にある。食生活を変えてから僕はフィジカル的にも、メンタル的にも、自分史上最高に仕上がっている。現在プレーしているトルコ・スュペル・リグのガラタサライSKでも、満足できるパフォーマンスができている。

     その食事こそ、本書のテーマである「ファットアダプト食事法」だ。

     ファットアダプト食事法(以下、ファットアダプト)とは何か。

     それは簡単に言うと、エネルギー源として脂質(ファット)を上手に使えるファット・アダプテーション(脂質適応状態)になるための食事法。糖質の摂取をコントロールして血糖値の乱高下を抑えて、良質のたんぱく質と脂質を積極的に摂るのだ。

     カラダのエネルギー源になるのは、糖質、脂質、たんぱく質の3大栄養素。

     このうちたんぱく質は筋肉などのカラダを作る役割のほうが優先なので通常はエネルギーとして用いられない。スポーツ時などは、
    筋肉を作っているたんぱく質がアミノ酸に分解されてエネルギー源となるが、その割合は決して高くない。だから、シンプルに言うとエネルギー源は糖質と脂質だ。
    (以下ソースで)

    6/28(金) 16:00配信 東洋経済オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00288634-toyo-soci&p=1
    画像
    サッカー日本代表として活躍中の長友佑都選手が、圧倒的なパフォーマンスを発揮できる秘訣とは?(撮影:峯岸進治)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【究極食事法?】長友佑都 肉体改造の秘密とは!?】の続きを読む


    大韓民国 (韓国からのリダイレクト)
    弘益人間)(建国理念、デ・ファクト) 国歌:애국가 (愛國歌)(朝鮮語) 愛国歌 大韓民国(だいかんみんこく、朝鮮語: 대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。
    295キロバイト (43,183 語) - 2019年6月21日 (金) 07:21



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    イガンインの方が上!?

    1 Egg ★ :2019/06/29(土) 06:44:03.81

    「彼らの直接対決が見られるのは楽しみ」

    レアル・マドリー・カスティージャへの入団が決まった日本代表MF久保建英に対して、お隣り・韓国のメディアも興味津々だ。
    やはり比較したくなるのだろう。同い年で、同じくA代表デビューを飾って間もない俊英MF、イ・ガンインとのライバル関係だ。

    この両雄にスポットを当てたのが韓国の大手スポーツ紙『スポーツソウル』。
    「日韓のライバル関係が新たな局面に突入した」と銘打ち、久保とイ・ガンインのそれぞれの“立ち位置”を紹介している。

    「永遠のライバルである韓国と日本において、いま2001年生まれのふたりの天才が注目を集めている。
    どちらも少年時代をスペインで過ごし、同じ年に生まれ、ポジションも攻撃的MFで左利き、アジアでは希有なテクニシャンである点も酷似する。
    この夏から久保はレアル・マドリーの2軍に入団するため、彼らはふたたびスペインでライバル関係を続けることになるかもしれない」

    同紙はあらためて久保とバルセロナの関係性や、2015年に帰国してFC東京の下部組織に入団してからの日々を紐解いている。
    一方のイ・ガンインについては、所属するバレンシアから、新シーズンは他クラブにレンタル移籍するのではないかと予測。

    「U-20ワールドカップでゴールデン・ボール賞(大会MVP)を受賞したことで、欧州のさまざまなクラブからラブコールを受けている」とし、
    アヤックスやPSV、さらにはレバンテといったクラブが有力候補に挙がっているという。

    ただ、クラブレベルの実績では、イ・ガンインが久保をリードしていると断じる。「イ・ガンインはバレンシアにおいて、コパ・デル・レイだけでなくラ・リーガでも出場機会を得ることに成功した」と綴り、
    「レアル・マドリーの豪華メンバーを考えれば、当面、久保のトップ昇格は難しいだろう」と踏む。

    A代表での活動を優先させるため、先のU-20ワールドカップに久保がエントリーされなかった点にも言及。「(ラウンド・オブ16での)日韓戦で本来なら彼らふたりの直接対決が見られたはずだが、実現しなかった。
    これからはワールドカップ予選やアジアカップなどA代表の舞台で、彼らが日韓両国の戦いをリードしていくのだろう」と記している。

    そして、「スペインと国際Aマッチで、イ・ガンインと久保のライバル関係が続き、直接対決が見られるのは楽しみである。日韓戦は新たな局面に入ったのだ」との一文で締めくくった。
    今後10年以上に渡って、なにかにつけて比較されるだろう日韓のライジングスター。はたして欧州シーンで先にスターダムを駆け上がるのはどちらか。韓国国内では早くも、ひとつの注目ポイントとなっているようだ。

    サッカーダイジェスト 6/29(土) 5:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00010001-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【韓国メディア】久保建英 イガンインとの直接対決が楽しみ!】の続きを読む

    このページのトップヘ