捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです


    長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。スュペル・リグ・ガラタサライ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。日本代表。 妻はタレントの平愛梨。 スポーツ一家の第二子(一つ上の姉と二つ下の弟がいる
    83キロバイト (9,549 語) - 2019年8月13日 (火) 13:05



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    亀田とも仲良し!

    1 Egg ★ :2019/08/14(水) 07:32:14.45

    ガラタサライ所属の日本代表DF長友佑都が、現地8月13日に自身のSNSを更新。妻で女優の平愛梨さんとの間に、待望の第2子が誕生したことを報告した。

    【画像】長友佑都が満面の笑みを浮かべ、産まれたばかりの第2子を抱えて…貴重フォトをチェック!https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=62806


     その喜びと感慨を次のように綴っている。

    「第2子が誕生しました!
    母子ともに元気です。
    異国の地で頑張ってくれた妻とサポートしてくださった皆さんに心から感謝します。
    女性は偉大すぎる!
    自分自身、夫として、父親としてより一層責任を持って頑張っていきます!
    引き続き長友家をよろしくお願い致します。
    長友佑都、愛梨」

     投稿欄には7時間が経過した時点で、すでに2700件を超えるお祝いメッセージが殺到。日本代表の盟友や意外な大御所からの豪華な“祝辞”も届いている。

     今夏にスペイン2部のレアル・サラゴサに入団した香川真司は、猛勉強中(?)のスペイン語で「ベイビー誕生おめでとう!」と記し、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和レッズ)、武藤嘉紀(ニューカッスル・ユナイテッド)、元日本代表の石川直宏氏らも言葉と絵文字で祝福した。

     長友がインテル時代に薫陶を受けた名将で、現在はイタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督も絵文字でお祝いし、元ブラジル代表GKのタファレル氏は「偉大なるパパよ! おめでとう、ブラジルより愛を込めて」と書き込んだ。さらにボクシングの元世界王者、亀田興毅氏も登場。「おめでとう! 仕上がってる!!」とのメッセージを添えた。

     ほかにもガラタサライ所縁のマリアーノ、ソフィエン・フェグーリ、ジミー・ドゥルマズ(いずれもガラタサライ)、ヤシン・エズテキン(ギョズテベ)、シナン・ギュミュシュ(ジェノア)といった面々が長友家の幸せを祝福している。

     新たな活力を得た長友パパ。トルコ・リーグは今週末に開幕し、ガラタサライは金曜日に敵地でのデニゼリスポル戦を迎える。攻守両面でのハイパフォーマンスに期待だ。

    8/14(水) 5:05 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00010001-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】長友佑都 産まれたばかりの第2子を抱えて…】の続きを読む


    香川真司、名門サラゴサ移籍の舞台裏「マンU時代の同僚が仲介役となり、指揮官が練習を欠席してマドリードまで赴き…」【現地レポート】 - サッカーダイジェストWeb
    香川真司はレアル・サラゴサが長年待望していた新たなスター選手だ。 サラゴサは1994-95シーズンにカップウィーナーズ・カップを制し、コパ・デル・レイも6度制覇したことが ...
    (出典:サッカーダイジェストWeb)


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオン・レアル・サラゴサ所属。日本代表。ポジションはMF、FW。 欧州サッカー連盟運営サイトUEFA.com発表のランキング「ヨーロッパで最も成功している日本人選手は誰か」で全部門
    98キロバイト (11,271 語) - 2019年8月13日 (火) 13:22



    (出典 www.asahicom.jp)


    やれることはやったから!

    1 Egg ★ :2019/08/13(火) 22:00:51.51

    ドイツ1部ドルトムントからスペイン2部サラゴサに加入した日本代表MF香川真司(30)が13日、サラゴサ市内で入団会見を行った。

     背番号はドルトムント時代と同じ「23」に決定。「暑かったので。(笑い)特に意味はないですよ」という丸刈りに近い新ヘアスタイルの香川は「サラゴサに加入できて非常に嬉しい。最高の挑戦。すべてを出し尽くして、チームとともに1部に上がりたい」とクラブ8季ぶりとなる1部復帰を目標に掲げた。

     2013~14から2部に所属するサラゴサを選んだことについて「正直たくさん悩んだ」とした上で「監督、チームの熱意、信頼を感じることができたのが自分にとって非常に大きかった」説明。ビクトル・フェルナンデス監督が掲げる“超攻撃サッカー”も決め手の1つで「プレー映像を見て、監督の目指すサッカーを聞いて、素晴らしいビジョンがあると感じた」と明かした。

     「子供のころからラ・リーガ(スペインリーグを一番見てきた。インスピレーションを受けてきたし、勉強をさせてもらった」という長年の夢だっだスペイン移籍を実現させた。ドルトムント時代よりも年俸などの条件が下がることについては「サッカー選手としてお金が大事じゃないわけじゃない。でも、それ以上にお金が減ろうが、ここでやれることが幸せ」とした上で「モチベーション、気持ちが大事。2部ですけど、すべてを楽しんで、必ず昇格させたい」と1部昇格に懸ける思いを繰り返し語った。

     今季スペイン2部はMF柴崎岳(デポルティボ)、FW岡崎慎司(マラガ)と日本代表3選手がプレーすることになり「対戦が非常に楽しみ。彼らがいるのはモチベーションになる。(順位は)上に立って昇格を決めたい」と笑顔。「3人がそれぞれのチームで活躍することが日本人、アジア人選手の可能性を見せることになる」とスペインで日本人選手の価値を上げることも目標だという。

     「14年はマンチェスターUで、18年はドルトムントでW杯に出た。22年はここからW杯に出るのが長期的なプラン。サラゴサがベストな場所」とスペイン2部から1部昇格を果たし、さらに3年後のW杯カタール大会を目指すというビジョンを示した。

     会見後、本拠地で行われた香川のお披露目にはサポーターファン約5000人が集結し、地元の期待の大きさをうかがわせた。サラゴサは開幕戦で17日(日本時間18日)にテネリフェと対戦する。

    8/13(火) 21:10配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000225-spnannex-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】香川真司 スペイン1部昇格に懸ける思い!】の続きを読む


    中島翔哉の他には誰がいる?…名門・ポルトで10番を背負った選手たち - SOCCER KING
    日本代表MF中島翔哉が、新天地のポルトで公式戦デビューを果たした。今夏、カタールのアル・ドゥハイルからポルトに移籍した同選手は、13日に行われたチャンピオンズ···
    (出典:SOCCER KING)


    中島 翔哉(なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。プリメイラ・リーガ・FCポルト所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2
    44キロバイト (4,808 語) - 2019年8月15日 (木) 11:50



    (出典 www.soccer-king.jp)


    監督がだめ..

    1 シコリアン ★ :2019/08/14(水) 06:04:58.36

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグ、ポルト対クラスノダールが現地時間7日に行われた。試合は日本代表FW中島翔哉が所属するポルトが2-3で敗れた。2試合合計で3-3となるもアウェイゴールの差で敗れた。

     この試合で中島はポルト移籍後初の先発出場を果たす。1stレグを1-0で勝利したポルトだが開始3分に失点をしてしまう。これで出鼻をくじかれたポルトは9分後にもカウンターからスレイマノフにゴールを許し主導権を奪われる。

     リズムに乗れないポルトは34分にもスレイマノフにこの日2得点目を決められ3点ビハインドで折り返す事になる。

     エンドが変わった57分、テレスのアシストからゼ・ルイスがゴールを決めポルトが1点返す。勝ち上がるためには得点が必要なポルトは攻撃を続けるも74分の中島のクロスはGKにキャッチされる。しかしその3分後にマルランダがミドルシュートをゴール右下に決め同点に追いつく。

     その後もポルトは得点を奪い攻撃を仕掛けるも、85分に打った中島のシュートはゴールを捉える事が出来ない。さらに終了間際にはパワープレーに出るもゴールネットを揺らす事は出来なかった。

     このまま試合は終了、ポルトはアウェイゴールの差で9季ぶりの本大会出場を逃した。

    【得点者】
    3分 0-1 デ・ヴィリェナ(クラスノダール)
    12分 0-2 スレイマノフ(クラスノダール)
    34分 0-3 スレイマノフ(クラスノダール)
    57分 1-3 ゼ・ルイス(ポルト)
    77分 2-3 マルランダ(ポルト)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00334278-footballc-socc
    8/14(水) 6:00配信
    フットボールチャンネル編集部


    【【悲報】中島翔哉 9季ぶりの本大会出場を逃す..】の続きを読む


    中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のプロサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J2リーグ・横浜FC所属。元日本代表。 2000年と2013年にJリーグMVPを獲得。Jリーグ史上初のMVP複数回受賞者。ほかにアジアカップ20
    71キロバイト (8,130 語) - 2019年8月12日 (月) 03:24



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2人合わせて93歳!

    1 Egg ★ :2019/08/13(火) 21:52:06.50

    J2横浜FCは13日、横浜市内で天皇杯3回戦の横浜戦(14日=ニッパツ)に向けた練習を一部非公開で行った。

     “横浜ダービー”では、FW三浦知良(52)とMF中村俊輔(41)がともに先発濃厚だ。2人が同じユニホームを着てピッチに立つのは、日本代表として戦った00年6月6日のジャマイカ戦以来19年ぶり。4―0で勝ったその試合では、後半33分に中村が起点となってカズが代表での最後の55ゴール目を決めている。

     横浜戦では約19年ぶりのホットライン形成と、J1上位の大物食いに期待がかかる。パスの出し手となる中村は「あんまり動かなくていい。相手が動いているので、ズレを作るために止まっていた方が(スルーパスを)出せたりする」と前線に要求した。

    8/13(火) 19:20配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000208-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】中村俊輔と三浦知良 ジャマイカ戦以来19年ぶりにピッチに立つ!】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。レアル・マドリード・カスティージャ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。小学2
    36キロバイト (4,502 語) - 2019年8月14日 (水) 23:01



    (出典 2019.images.forbesjapan.media)


    いつまでたっても0ゴール0アシスト..

    1 カメハメハ大王 ★ :2019/08/15(木) 05:57:59.36

    カスティージャで2試合目の出場
     
    現地時間8月14日、レアル・マドリーの久保建英が、カスティージャ(Bチーム)の一員として、
    18年に井手口陽介が在籍したことでも知られるクルトゥラル・レオネサ(同じ2部Bに所属)とのテストマッチに先発フル出場を果たした。

    7日のアルコルコン戦以来、約1週間ぶりの実戦となった久保は、その時と同じく背番号7を背負って4-3-3の右ウイングに入った。

    開始10分、エリア内で仕掛けた久保が、左サイドからシュート性のクロスを送り込むも、中の選手に合わせることができない。
    その1分後にも、久保のパスを起点に決定機を作り出したが、味方が決めきれなかった。

    16分には、右サイドで対峙するマーカーを鮮やかにかわすドリブルを披露。その後も視野の広さと自慢のパスセンスを活かして何度かチャンスを演出する。

    しかし28分、左サイドを崩され、クロスからのヘッドであっさり先制を許すと、34分もCKから失点。
    2点のリードを奪われる。
     
    反撃に出たいカスティージャは40分、左サイドでの崩しから、最後は逆サイドで残っていた久保がフリーでシュートを放つもGKがセーブ、
    そのこぼれ球を狙ったCFペドロのシュートもバーを叩き、ネットを揺らすことができない。

    後半に入り、50分に追加点を奪われたカスティージャは、63分、64分と久保が続け様に絶好機を迎えるも、
    一本目は左足、二本目は右足で狙ったシュートはいずれもGKに防がれてしまう。

    結局、カスティージャは0-3で完敗。随所に違いを作り出しながらも3度のチャンスを逃した久保には、悔しいゲームとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190815-00062856-sdigestw-socc
    8/15(木) 4:49配信


    【【朗報】久保建英 3度のチャンスを逃す..】の続きを読む

    このページのトップヘ