捥ぎ取りシュート サッカー日本代表専

このブログはサッカー日本代表の情報をまとめたブログです


    司令塔・柴崎岳、連覇王者チリ戦を前に“2年間の穴埋め”宣言 「自分の力を証明したい」 - ニコニコニュース
    所属クラブで苦戦が続く柴崎、「2年間そんなに試合に出れていない」なかで活躍を期す 森保一監督率いる日本代表は現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)初戦 ...
    (出典:ニコニコニュース)


    柴崎 (しばさき がく、1992年5月28日 - )は、青森県出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・ヘタフェCF所属。ポジションはMF。日本代表。妻は女優の真野恵里菜。 地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、この頃から県内では名が知られて
    33キロバイト (3,919 語) - 2019年6月13日 (木) 15:55



    (出典 pbs.twimg.com)


    うーん

    1 Egg ★ :2019/06/17(月) 07:35:08.90

    チリ戦の前日会見に出席、コパ・アメリカの日本代表メンバー構成について言及

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     森保一監督率いる日本代表は現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)初戦でFIFAランキング16位のチリ代表と対戦する(エスタディオ・ド・モルンビー/現地20時・日本時間18日8時)。指揮官とともに前日会見に出席したMF柴崎岳(ヘタフェ)は「できればフルメンバーで来たかった」と胸中を吐露した。

     今大会では東京五輪世代の若手を中心にメンバーを編成。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)やMF柴崎岳(ヘタフェ)、DF冨安健洋(シント=トロイデン)ら森保ジャパンの常連に加え、昨夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場したFW岡崎慎司(レスター・シティ)やGK川島永嗣(ストラスブール)らベテランを加えた陣容で臨む。

     森保監督は「招待国である我々は招集が難しい。所属クラブは派遣義務がなく招集が難しかった」と若手主体の構成となった背景を説明。その一方、柴崎は「昨日のアルゼンチン、コロンビア戦を見てもインテンシティーが高い。僕自身も(大会を)楽しみにしていますし、個人的にも結果を求めながら成長していきたい」と語り、今大会のメンバー構成について思いを吐露した。

    「できればフルメンバーで来たかったというのが率直な感想。でも、それは仕方がない」

     初戦ではMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)などを擁するチリと激突。20日にウルグアイ、24日にエクアドルと対戦するなか、「彼らが日本サッカー界の未来を担っている」(柴崎)という若手たちとともに勝利を目指す。

    6/17(月) 6:08 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00196744-soccermzw-socc

    【サッカー】<南米に精通する前園氏が予告!>森保ジャパン歴史的惨敗も…「ベストメンバーを集められませんでした」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560430123/

    【サッカー】<チリ代表ビダル>日本代表に宣戦布告!「初戦からアグレッシブルに戦う」久保対策バッチリ!「止め方もわかっている」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560659255/


    【【吐息..】柴崎岳 チリ戦フルメンバーで来たかった..】の続きを読む


    長谷部誠、シーズン後半戦のCBランキングでは首位守れず…それでも評価は「国際クラス」 - Goal.com
    ドイツ誌『キッカー』は17日、2018-19シーズン後半戦のセンターバック・ランキングを掲載。フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は前半戦に比べて順位を ...
    (出典:Goal.com)


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    55キロバイト (6,125 語) - 2019年6月8日 (土) 15:45



    (出典 www.nikkansports.com)


    おー

    1 Egg ★ :2019/06/17(月) 18:38:27.78

    ドイツ誌『キッカー』は17日、2018-19シーズン後半戦のセンターバック・ランキングを掲載。フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は前半戦に比べて順位を落としたものの、「国際クラス」と評価された。

    フランクフルトではここ数年間、3バックの中央で起用され、元ドイツ代表DFフランツ・ベッケンバウアー氏や*・マテウス氏ら以来のリベロのポジションの復活に導いたとも言われる長谷部。今年1月に発表された『キッカー』の前半戦のCBランキングでは1位に輝き、実質ブンデスリーガの“ベストCB”に選ばれていた。

    しかし、後半戦のパフォーマンスに基づくランキングではバイエルン・ミュンヘンDFマッツ・フンメルスやレヴァークーゼンDFジョナサン・ター、RBライプツィヒDFウィリ・オルバンやバイエルンDFニクラス・ジューレに次ぐ5位に後退。その理由として、「シーズン終盤の疲れ切った様子のプレー」とフランクフルトのチームも6試合勝ちなし(4敗)と失速した終盤のリーグ戦を挙げた。

    一方で、それでも「国際クラス」と評価した理由についてはフランクフルトが準決勝まで勝ち上がったヨーロッパリーグでの活躍に言及。欧州コンペティションの舞台では「精度の高いパスワークを見せ、落ち着き払った35歳のベテランはこのポジションにおいて今でもリーグのエリートの1人」と称賛した。

    なお『キッカー』の「後半戦CBランキング」は以下の通り。(※1~6位は「国際級」、7~10位は「次点」の評価となっている)

    1位 マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    2位 ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)
    3位 ウィリ・オルバン(RBライプツィヒ)
    4位 ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
    5位 長谷部誠(フランクフルト)
    6位 イブラヒマ・コナテ(RBライプツィヒ)
    7位 マルティン・ヒンターエッガー(フランクフルト)
    8位 ニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)
    9位 ニクラス・モイサンデル(ブレーメン)
    10位 ノルディ・ムキエレ(RBライプツィヒ)

    6/17(月) 18:25配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00010027-goal-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【うーん】長谷部誠 首位守れず…5位!】の続きを読む


    アルトゥーロ・エラスモ・ビダル・パルド(Arturo Erasmo Vidal Pardo、 1987年5月22日 - )は、チリ・サンティアゴ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。チリ代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。 地元クラブのユースチームを経て2005年にチリ
    21キロバイト (1,373 語) - 2019年6月17日 (月) 08:29



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    うーん

    1 Egg ★ :2019/06/16(日) 13:27:35.71

    15日(土)、チリ人MFアルトゥーロ・ビダルは、ブラジルで開催されるコパ・アメリカにおいてチリ代表が恐れるに値するチームだと語っている。

    初戦となる日本戦を2日後に控え、サンパウロで行われたプレスカンファレンスにおいて、「このチームは最初から最後まで恐れるに値するチームだ」とFCバルセロナに所属するビダルは語っている。

    今大会の注目選手の1人であるビダルは、同大会3連覇となるタイトル獲得が自分にとってもチームにとっても大きな意味を持つことを明かしている。チリ代表は、約1週間トレーニングを行っているが、大きな負傷者も出ておらず、チームのコンディションはいいと言える。

    「我々にとっていい大会になることを祈る。1試合ずつ大切に戦いたいが、初戦からアグレッシブに戦うチリ代表を見ることになるだろう」と日本代表への宣戦布告ともとれる発言をビダルは行っている。

    2015年、2016年とコパ・アメリカを制覇しているチリ代表は、コロンビア人のレイナルド・ルエダを監督に据え、新たな選手達も招集されており、世代交代の段階にある。そして、2022年のカタールW杯の出場権獲得を目標に掲げている。ただ、ビダルは、コパ・アメリカ3連覇への意気込みを強調している。

    「我々は新しい選手達がチームに加わっていることを理解している。新たなチームを作っている段階だが、今は、カタールW杯への出場権ではなく、コパ・アメリカ制覇しか考えていない」と説明している。

    ビダルは、チームのメンタルの部分を強調している監督ルエダを称賛するとともに、今回の大会でチリ代表が低調なパフォーマンスを見せた場合、代表引退の可能性もあるのではないかという噂に対して、「少しでも長くチリ代表としてプレーしたい」という願望を表現した。

    ビダルは、今回のコパ・アメリカが世代交代にあるチームにとって非常に重要だと考えている。そして、17日(月)の対戦相手である日本について言及したビダルは、レアル・マドリー・カスティージャ加入が決まった久保建英がキープレイヤーだと警戒している。

    「クボは、レアル・マドリーと契約するほどクオリティの高い選手だ。だが我々も彼のプレーを分析し、どのように止めるかは把握している」とビダルは口にしている。

    6/16(日) 11:31配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00010007-sportes-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【余裕!?】チリ代表ビダル 久保建英は敵じゃない!?】の続きを読む


    無敗突破のU20日本、ケガ人続出も救いの中5日…影山監督「いろんな意味で大きい」 - SOCCER KING
    U-20日本代表は29日、FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第3節でイタリアと0-0の引き分けで終わり、勝ち点5に伸ばして2位通過を決めた。
    (出典:SOCCER KING)


    東福岡自彊館中学校・東福岡高等学校 (カテゴリ 全国高等学校サッカー選手権大会出場校)
    (元高校日本代表・元U20日本代表・7人制日本代表/同志社大学/九電) 竹下祥平 (元U20日本代表・7人制日本代表/2011年法政大学ラグビー部主将/サントリー) 山下昂大(元高校日本代表・元U20日本代表/2011年早稲田大学ラグビー部主将/コカ・コーラ) 上田竜太郎(元高校日本代表・元U20
    30キロバイト (2,662 語) - 2019年5月1日 (水) 12:34



    (出典 www.jfa.jp)


    おー

    1 豆次郎 ★ :2019/06/16(日) 03:54:27.26

    FIFA.com
    @FIFAcom

    🇯🇵 Japan are awarded the FIFA Fair Play Trophy 🏆

    #U20WC
    https://twitter.com/fifacom/status/1139966091449573377?s=21

    (出典 pbs.twimg.com)

    --------------------------------
    FIFA.com
    @FIFAcom

    🇰🇷 Lee Kangin takes home the adidas Golden Ball at the #U20WC ⚽💪

    https://twitter.com/FIFAcom/status/1139960343185244161?s=20

    (出典 pbs.twimg.com)

    (deleted an unsolicited ad)


    【【快挙!】U-20W杯 日本代表がフェアプレー賞!】の続きを読む


    U-16日本代表がメキシコに5-0大勝、堂々の全勝優勝!:U-16インターナショナルドリームカップ | ゲキサカ - ゲキサカ
    6.16 U-16インターナショナルドリームカップ第3節 U-16日本代表 5-0 U-16メキシコ代表 ユアスタ]「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日 ...
    (出典:ゲキサカ)


    JFA 公認S級コーチ (カテゴリ 日本サッカー協会)
    JFA 公認S級コーチ(JFA こうにんSきゅうコーチ)は、日本サッカー協会(JFA)が公認する指導者の免許制度(日本サッカー協会指導者ライセンス)で最高位の指導者資格で、Jリーグおよび日本代表(男子、女子)の監督を務めるために必要な免許である。通称S級ライセンス。
    36キロバイト (790 語) - 2019年5月11日 (土) 12:59


    おー

    1 豆次郎 ★ :2019/06/16(日) 22:44:48.30

    6/16(日) 22:09配信
    U-16日本代表がメキシコに5-0大勝、堂々の全勝優勝!:U-16インターナショナルドリームカップ

    [6.16 U-16インターナショナルドリームカップ第3節 U-16日本代表 5-0 U-16メキシコ代表 ユアスタ]

    「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」は16日、宮城県仙台市のユアテックスタジアム仙台で第3節を行い、U-16日本代表はU-16メキシコ代表と対戦した。日本はMF中村仁郎(G大阪ユース)が前半だけで2ゴール。さらに、14日のU-16ナイジェリア代表戦でハットトリックのFW勝島新之助(京都U-18)とMF豊田晃大(名古屋U-18)も得点して前半を4-0で折り返す。後半にもFW千葉寛汰(清水ユース)が加点して5-0で大勝し、3戦全勝(1PK勝ち)で2年ぶりの優勝を決めた。

     90分で敗れなければ優勝という状況だったが、「引き分け狙いだと、メキシコがガツガツやってきて、軽い気持ちだと足をすくわれると思った」という勝島の言葉どおり、勝って優勝を決めたい日本は、立ち上がりから圧巻の攻撃力を見せつけた。

     前半12分、FW河野孝汰(山口U-18)の縦パスをゴール前で受けた中村がDFをかわして先制。19分にも、豊田が右サイドに出したパスを受けた中村が、GKのポジションを冷静に見極めてシュートを決めた。早い時間帯での2ゴールで試合の流れを引き寄せた中村は「前の2試合では点を決められず、自分を出せませんでした。今日は落ち着いてシュートを打てました」と笑顔を見せた。

     日本の勢いは止まらない。37分にはDF森田翔(FC東京U-18)のクロスを河野が後方に落とす。これを拾った豊田が前方の勝島にパス。勝島がフェイントでDFをかわしてから3点目を決めた。45+3分にもMF山崎太新(横浜FCユース)、勝島と繋ぎ、中盤から飛び出した豊田が落ち着いてゴール。日本は前半だけで4点をリードし、勝敗の行方と優勝をほぼ決定づけた。

     後半も危なげない試合運びでメキシコを封じ、13分には河野のシュートのこぼれ球を拾った途中出場のFW千葉寛汰(清水ユース)がゴール右からシュートを決めた。その後、日本はは前節負傷してベンチ外となったDF波本頼(金沢U-18)以外全員を起用。終盤のピンチも凌いで5-0で圧勝し、優勝を決めた。なお、今大会の得点王(4得点)となった勝島がMVP、この試合2得点の中村が朝日新聞社賞を受賞した。

     山橋貴史監督は「(当初は)おとなしい選手が多かったが、勝島や諏訪間幸成(横浜FMユース)など明るい選手が多く、みんなが一つになって戦うことができました」と団結して戦えたことを優勝の要因として挙げた。「国内の試合では余裕のある選手たちだと思いますので、目指すところはもう分かったと思いますから、今回の経験を生かし、質を追求して欲しい」と選手たちに望んだ。技術の高さだけでなく、たくましさや団結力を見せたU-16日本代表。今後、世界の舞台での活躍が大いに楽しみだ。
       
    (取材・文 小林健志)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-43468287-gekisaka-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報、】U-16日本代表 メキシコに堂々の全勝優勝🏆!!】の続きを読む

    このページのトップヘ